11/11/2019

ソプラノ ミニコンサート

11/10の「いやしのフルートコンサート」(河内長野市杉原邸)の休憩時間を利用して、ソプラノのミニコンサートが行われました。

ソプラノは京都市立芸術大学大学院修士課程声楽科1年生の玉置彩音さん、ピアノはお母さまの美子さん。

6曲披露されましたが、ソプラノの歌声をすぐ近くで聴くと迫力ありますねえ。特にNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のテーマ曲「スタンド・アローン」は、サラ・ブライトマン、森麻季、三宅 由佳莉、鶫(つぐみ)真衣さんいずれの歌声もすべて大好きなのですが、生の声で聴いた今回はまた格別。涙がでました。

曲目は、「フニクリ・フニクラ」(デンツァ)、「ジャンニ・スキッキ/大好きなお父さん」(プッチーニ)「夢の世界を」(橋本祥路)、「スタンド・アローン」(久石譲)、「シチリア島の夕べの祈り/愛しいお友達、ありがとう」(G.ヴェルディ)、「花は咲く」(菅野よう子)。

なお、3年前、天野サチさんの「エミリィのお誕生日会~エミリィ・ディキンスンを歌う」(豊中市)で美しいソプラノの歌声を聴かせていただいた宮後優さんは、玉置さんの1年先輩で先生も同じだそうです。

 

Sp1140565

|

11/10/2019

須藤英二氏の「いやしのフルートコンサート@杉原邸」2019

Sp1140567

今年で9年目のホームコンサートです。私が参加したのは第2回(2012年)から。湯河原から河内長野市の杉原邸へプロのフルート演奏者・須藤英二氏をお迎えしての超豪華コンサートです。企画運営されてきた杉原さんの熱意に感服します。
なにしろご自宅のダイニング・キッチンに、椅子をぎっしり詰めて座る30人ばかりの鑑賞者(ほとんどリピーター)のためだけに奏でられる素晴らしい音色です。音源は目の前すぐ、せいぜい数メートルの範囲にあります。生々しい空気の振動が聴き手に、直に伝わります。CDや大ホールのコンサートでは、決して味わうことのできない贅沢な響きです。

 

軽妙な須藤氏の語りとともに演奏された今回の曲目は、(1)「あなたの心に」(2)「この広い野原に」(3)「魔女の宅急便/旅立ち」に続き、「音楽で世界一周」をテーマに、次の曲目でした。
(4)さあ世界に飛び出しましょう!ということで、「80日間世界一周」(1950年代の映画、音楽はビクター・ヤング。2019年1月5日亡くなった兼高かおるさんの「兼高かおる 世界の旅」のテーマ曲にも使われました。懐かしいですね)(5)最初の訪問先はフランスです。「昼下がりの情事」(オードリー・ヘップバーンとゲーリー・クーパーが共演したロマンティック・コメディの名作。原題「Love in the Afternoon」を邦題「昼下がりの情事」に翻訳した知恵者に脱帽)(6)次いでイタリアへ。「ゴッドファーザー」(アルトフルートによる演奏。懐かしさいっぱいのうっとりするような調べです。映画を思い出します)(7)続いてドイツへ。メンデルスゾーンの「歌の翼に」(メンデルスゾーンは銀行の頭取の息子。10歳の時、ゲーテと対等に対談した、ベートーベンとも・・・といったエピソードが須藤氏から)(8)ロシア、チャイコフスキーの「白鳥の湖/4羽の白鳥たちの踊り」(9)オーストリア、シューベルト「アヴェ・マリア」。
ここで休憩に入って、玉置彩音さんのソプラノ6曲(別記事)。

 

再開後は、(10)(11)ハワイ、「珊瑚礁の彼方」(Beyond The Reef)ほか1曲(ハワイの老人ホームはどこにもピアノがあり、皆さんが弾いているそうです。日本とだいぶ違うと須藤氏)(12)メキシコ、「(曲名をメモし忘れました)」(13)アメリカ、エリザベス・テーラーとリチャード・バートン夫妻共演の映画「いそしぎ」のテーマ曲「いそしぎ愛のテーマ(The Shadow Of Your Smile)」(14)同じくアメリカ、「テネシーワルツ」(アルトフルートでの演奏)(15)中国、「花と少年」(須藤氏が故宮博物館の広場で女性が歌っているのを聞いたそうです)(16)日本、テレビドラマ「仁」のメインテーマ(ここで、須藤氏から「毛糸の衣類を着て、フルートを吹くと音が吸収されてしまう。下着だけがベスト」という驚きの話が)
エンディングに近づいて、(17)ビリーボーン楽団の「浪路はるかに」(あまりにも有名な曲ですね)(18)(19)クリスマスを前に、杉原さんのお孫さん5歳と7歳のお嬢ちゃんに「もみの木」「おめでとうクリスマス」(20)「ベニスの愛」(21)「オペラ座の怪人」(22)「赤トンボ」(普通のフルートとアルトフルートを使って)(23)「ムーン・リバー」(明るくボサノバ調で)。
今年は以上23曲を鑑賞しました。

 

来年は10周年記念コンサートです。みなさん来年を楽しみにしつつお別れしました。

 

最後に、私が参加した2012年以降昨年までの記録をどうぞ。
2012 
http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2012/10/post-9fd2.html

 

2013
http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2013/10/post-caec.html

 

http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2013/10/post-281a.html

 

2014
http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2014/10/post-9f12.html

 

2015
http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2015/11/post-71b8.html

 

http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2015/11/post-57e3.html

 

2016
http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2016/11/post-9f12.html

 

2017
http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2017/11/post-1373.html

 

2018
http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2018/11/post-1373.html

 

 

http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2018/11/post-6c01.html

 

 

 

|

10/21/2019

ヘリコプターで救助されても、やめられない登山・・・

他の行事と重なることが多いのですが、久しぶりに琵琶の「物悲しい調べ」を聞きに行きました。
出番が終わり、着替えて客席にやって来た中学の同級生と奇跡的に(出入口近くに座っていたので)会いました。そこでかねて疑問に思っていたことを質問。

毎年、年賀状に何十もの登山写真を印刷して寄越すので、何年分を載せているのかと聞いたら、すべて「夫婦二人でその年(前年)1年間に登った山の写真」だそうです。月に何回も日本各地に出かけて山登り? 店の経営者ですが、いい身分ですねえ。

もっとも2年前、石鎚山から下山中大怪我をしてヘリコプターで救助され、車椅子生活になった経験も。(記録のため、年賀状に小さい写真を載せたそうですが、本人が怪我をしたとは気がつきませんでした)。それにも懲りず、「最近も福島の磐梯山に登ってきた」。山の魅力がいかに絶大なものかわかります。

|

すみ博2019

<すみ博 南京玉すだれ>
すみ博初日(10/19)住吉大社反橋前で多彩な演目が・・・
まず日本で生まれた伝統芸の南京玉すだれ。
ママと3人姉妹のかわいい「すみよし昔話」の演技もありました。住吉ゆかりの一寸法師、浦島太郎、金太郎などが次々登場する演目です。

 

<すみ博/すみよし八景めぐり>
すみ博の「すみよし八景2019」めぐり。私は「木下家住宅」「太田家蔵」「住之江味噌池田屋本舗」を回りました。(ほかに「藤澤桓夫亭・西華山房跡顕彰碑」「一休牀菜庵跡碑」「八道の辻・閻魔地蔵尊」「帝塚山スタジオ(市川家住宅)」「土佐藩住吉陣屋跡碑」)

 

木下家は虫籠窓(むしこまど)など古い建築様式が残る旧家。

 

太田家の蔵はまるで博物館・美術館・古文書や文献を集めた図書館を兼ねたような施設。収納物に圧倒されます。非公開なのはもったいないですね。

 

池田屋は、明治・大正・昭和天皇も召し上がられた「住之江味噌」の製造販売元。100g 617円の高級味噌ですが、大変おいしい。久しぶりに買ってきました。

 

<すみ博/迫真のチャンバラ演技>
「住吉っさんの夕べ」で毎年楽しみなのが、美女剣士の気迫こもる太刀さばき。今年も見せてくれました。後ろから斬りかかられた刃を後ろ向きのまま両手で受け止めるという、驚くべき妙技も。ほれぼれします。

 

テレビの時代劇に出てくる並みの俳優さんよりはるかに上のレベル。ほんとに住吉武道館・チャンバラ武塾の生徒? それとも先生?

<すみ博/石燈籠への献灯式>
かつて地元・遠里小野の名産だった菜種油を再興し、住吉大社の石燈籠に献灯するすみ博恒例の行事です。

 

<すみ博/ストリートダンス>

 

<すみ博/ベリーダンス>

 

<すみ博/能「高砂」>

 

<すみ博/フラメンコ> 市川惠子と帝塚山スタジオ舞踏団による迫力ある舞台です。

|

10/20/2019

椎の実を食べる

植物に超詳しい知人から、長居植物園で拾った「椎の実」をいただきました。いままで食べたことがありませんでしたが、「子供のころよく山からとってきて食べていた。炒ってあるから皮をむいてそのまま食べられるよ」というので食べてみました。
素朴な野山の味です。ネットに「栗のような味でおいしい」と書いている人もいました。
歯で皮を割って、中の白くて固い実を出さなきゃ食べられないので、現代的なお菓子のように次から次にというわけにはいかないところにも風情を感じます。

|

10/19/2019

動画「住吉大社 宝之市神事・升の市」

https://youtu.be/DgVzD88vxf8

|

10/18/2019

商品の値段

薬の値段は店によってかなり違います。例えば某ドラッグストアでは「アンメルツ」750円がなんと228円。店員さんに聞くと、「赤字です(そりゃそうでしょう)。数量限定で陳列しています(とはいえ、半年前にも同じ価格で売っていた)」とのこと。客寄せのため、商品限定・数量限定で安売りしているのでしょう。この店は他の薬もそうじて安め。しかも月2回、5%引きの日があります。風邪薬・胃腸薬など常備薬をリストアップし、5%引きの日にまとめ買いすることにしよう。

スーパーでいつも買ってくるのが某社の豆乳。大手流通系のI、Kでは240円弱(1L)、ドラッグストアMやスーパーLは190円弱、ところが中堅スーパーMではしばしば2本で300円!
同じ製品の値段がこんなに違っていいものか?と思いながらも、ついつい見つけると2本買ってしまいます。

NHK-BSP「おしん」の再放送で、魚の行商の初日、さっぱり売れない魚をただで配り、客の信用を得る様子が描かれていました。商売も大変ですね。

|

今年2回目の秋刀魚(サンマ)

今朝の新聞折り込み広告に「3尾390円」の文字。今年は記録的不漁で高価なままかと思っていたのですが、いつの間にこんな手頃な値段に?

古文書講座の帰り、このスーパーに寄ると確かに「北海道産/今年の生さんま」。姿もそこそこ立派だったので買ってきました。

奥さんが「きょう中に食べてしまわないと」と言うものですから、私が2尾食べる羽目に・・・。もちろんおいしかったです。

|

相愛大学大学院生によるコンサート「楽器の魅力と季節の音楽」

きのうは住吉大社お宝神事(升の市)に続いて、午後は相愛大学大学院音楽研究科の若い皆さんによるコンサート。
ヴァイオリン2、フルート2、サクスフォン、トロンボーン、ピアノの7名。トロンボーンを除いて女性です。

演奏曲目は、5つの楽器による「アイネ・クライネ・ナハトムジーク/モーツアルト」、フルートの「アレグロとメヌエット/シューベルト」、ヴァイオリンの「5つの小品/ショスタコービッチ」、サクスフォンとトロンボーンの「川の流れのように/美空ひばり」「上を向いて歩こう/坂本九」、フルートの「もみじ/岡野貞一」、ヴァイオリンとフルートの「赤とんぼ/山田耕筰」、5つの楽器による「ふるさと/岡野貞一」、5つの楽器による「ラデツキー行進曲/ヨハン・シュトラウス」。

「赤とんぼ」の山田耕筰が、相愛大学初代学長だったとは知りませんでした。

|

おいしい「あべ川餅」

今年の干支入り升の引換券をもらおうと並んだとき、前にいた高齢のご夫婦が「あの店のあべ川餅は、プラスチック容器にプーンと匂うきな粉があふれんばかりに入っていて絶品だった」とべた褒め。寄って買い求めました。
お餅5個入って380円。
住吉大社鳥居前に2,3年前できた店ですが、もともと八尾のお米屋さん。米屋だけあってお餅がおいしかったですね。

|

10/17/2019

宝之市神事(升の市)

今日は住吉大社の宝之市神事・升の市です。9:30ごろ御田に行って、升引換券を貰って(無料配布継続のため、今年から各自心付けを箱に入れて寄付)、10時から五月殿で神事、御田講の方が御田に入って稲刈り、第一本宮に移動して引き続き神事が行われました。

一方、反橋前の絵馬殿では升の市が開かれ、九度山(柿など)や大垣(升など)の産物を買い求める人で賑わっていました。
残念だったのは、例年シナノスイート(リンゴ)、おやきを買っていた長野県上田市別所からの出店がなかったこと。先週の台風19号で大きな被害を出し、大阪に来るどころではなくなったそうです。わずかですが義援金を募金箱に入れてきました。

写真(略)は、御田刈り、第一本宮神事、来年の干支・住吉大社・升の市の焼き印入り1合升(先着200人に引換券配布、お酒入)、九度山の柿(6個300円)。

|

10/15/2019

昨日はまち歩きの下見、一昨日は大海神社例祭

昨日は朝10時から14時過ぎまで、まち歩きの下見。撮影担当なのですが、一応全行程知っておく必要がありますので、最後までついていきました。歩数は1万8000歩弱。
後半は遅れてしまいましたが、ナンバ歩きを心がけたおかげで、いつもより疲れなかったような気も。

13日(日)は、住吉大社の摂社の中でももっとも格式の高い大海神社の例祭。山幸彦が海神からもらってきた潮満玉を入れたと伝わる玉の井があります。
スーツ姿の人たち百人以上が参列していました。
挨拶の中で、「本殿は昔から重要文化財でしたが、3年前、拝殿・御門も指定されました」「御門には絵馬がかかっていましたが、何が画いてあるのかわかりませんでした。紫外線で調べて、船絵馬とわかりました。重文指定の記念ということもあり、住吉大社絵所預第5代目長谷川貞信様の筆による船絵馬が完成しました。(去年、住吉大社及び石燈籠群が日本遺産に追加認定された)北前船です」。

|

10/13/2019

産経が暴露、「昭和天皇をバーナーで焼く作品」は女性のヘアヌード、入れ墨のお尻、頭蓋骨、解剖図などをコラージュした作品群だった

この展示会を持ち上げる朝日、毎日、NHK等のマスコミ、気は確か? もちろん大村知事も。

https://twitter.com/KadotaRyusho/status/1183005444781903872

|

10/12/2019

動画 OSM、uMap、Canva を用いた「住吉大社歌碑・石碑めぐり」資料概要

https://youtu.be/CDlWywi1NSY

|

10/09/2019

フルートとソプラノのホームコンサート

河内長野の知人から来月自宅で開催するフルートホームコンサートについて追加情報が・・・。今年は例年の須藤英二さん(京都市立芸術大出身のプロフルート奏者、湯河原在住)のフルート演奏に加え、ティータイムに京都市芸大 声楽専攻大学院生のソプラノも聴けるそうです。(お名前は不明)
しかも曲目は、私の大好きな「花は咲く」「スタンドアロン」など4~5曲だそうですからますます楽しみ・・・伴奏はビアノ演奏家のお母さんだそうです。

そういえば3年前、豊中で開催された「エミリー・ディキンソンのお誕生祝い」で、美しいソプラノを聴かせていただいたのは京都市芸大の3回生でした。ネットで見ると、その後コンサートやコンクールでずいぶん活躍されているようです。

|

10/08/2019

あれはナンバ歩き?

NHK BSPで「令和元年版怪談牡丹燈籠」が始まりました。落語家三遊亭円朝作の古典名作落語ですが、今回はテレビドラマ。
ところでドラマの中の歩き方、あれはナンバ歩き? 伊能忠敬が50歳から日本中を1日50キロ歩けた秘訣とも言われる、江戸時代の歩き方=ナンバ歩き・・・さすがNHKの時代考証はしっかりしている。

|

10/07/2019

原発規制委員会は高浜町助役と同じ、と櫻井よしこさん


https://www.sankei.com/life/news/191007/lif1910070004-n1.html?fbclid=IwAR0YlyvWhuYi0zaHQOVcu_-6ygWHfev95kqLlOjAX3HX7jJWqTJCfJsqYcM

|

今年初のさんまにすだちをかけて食す

20191007

「あべのハルカス近鉄百貨店本店」から北海道産の氷温さんまを買ってきて(奥さんが)、徳島のすだちをかけて食べました。適度に脂がのったおいしいさんま。絶品です。

胃のないさんまは、食事から排泄までの時間が約30分程度と非常に短かく、内蔵にえぐみがなくて程よい苦味が美味しく味わえるのもいいですね。
ということで今回も残ったのは頭と骨としっぽだけ。

今年は不漁で高価なため、最初の最後にならなければいいけど。

|

昨日は「住吉大社の歌碑・石碑」コースの案内

朝10時開始で11時半まで、昨年「歌碑・石碑学習グループ」が境内すべての歌碑・石碑およそ110基のなかから選定した11カ所を案内しました。
事前申込制ではないため、何人集まるか皆目不明でしたが、12人の方にお集まりいただき、スタッフ6人が2班に分かれてガイドをしました。
ベテランの方も何人かいらっしゃいましたが、「毎年新しいコースができて楽しい」「きょうは、いままで知らなかったことをいろいろ教えて頂いた」と好評でした。

「昨日行った綿業会館3階の廊下に、生田花朝さんの<住吉御田>(御田植神事)の絵がかけてあった」ことも、生田南水句碑・安江不空の歌碑とつながりがありますので紹介しました。ちなみにこの絵は、カネボウの社長・会長をされた武藤治太氏の寄贈です。

|

綿は桃

金曜日の古文書の講義で「當綿作不熟もも附悪敷誠ニもも実入薄く凶作ニ付」という文がでてきました。綿のコットンボールと言われる実が、桃の形状に似ていることから、綿を桃と表現するそうです。
綿業会館本館3階の談話室に、桃とそっくりの見事な綿の実がたくさんついた綿の木がありました。(撮影OKでしたが、SNSには載せないで、と言われましたので写真はなし)

|

大阪の地図は北が上じゃない?

大阪メトロ本町駅構内で、綿業会館へ行くルートを確認しようと、壁の地図を眺めると、なんかおかしい。それもそのはず、見慣れた「北が上」でなく「上が東」になっている。頭のなかで90度回転させるのにかなり時間がかかった。
綿業会館で大阪歴史博物館副館長・大澤研一氏の「太閤さんの大坂城づくり 大坂はいかにして流通経済都市となったか」を聴いていたら、<秀吉はまず上町台地の北の端の高い場所に城を築いた。次に低い天満・船場等に城下町を広げていった。大坂は東の大坂城中心に造られたので(当時の)地図は、「東が上」>。なるほどメトロ構内の地図はその名残か・・・と納得。
ところが帰りにホームの地図を見ると、今度はなんと「上が西」! なんなんだ、この統一感のなさは。

20191007_20191008104801

|

10/06/2019

「朝日は子供、読売は大人。朝日の東電記事は事実と異なる」。門田隆将氏


https://www.sankei.com/affairs/news/191006/afr1910060003-n1.html?fbclid=IwAR32k1A3FFhT2Iti6E--jjWoQ6cI_ylYuUvW5khnPFyuvpzNY1pN1bVF8rc

|

グレタさんへの違和感、花田凱紀氏

https://www.sankei.com/premium/news/191006/prm1910060008-n1.html?fbclid=IwAR3y6wrEKgh7QUA-BoHrSluKj9N6ir0cveZR6tF7UkE9Y3m3xguQYZwiBr4

|

10/05/2019

生田花朝さんの「住吉大社御田植神事」の絵が、綿業会館(重要文化財)にあった

明日のガイド「住吉大社の歌碑・石碑コース」の中で、生田花朝さんが建てたお父さん・生田南水の句碑も案内します。

今年春に行った日本製鉄広畑の上皇陛下が皇太子のころ、美智子妃殿下と立ち寄られた歴史的建造物の壁には「住吉大社反橋を渡る御輿」の版画が掛かっていたし、住吉大社の祭の絵はすごい・・・。

|

きょうの昼は「さん天」のざるそば300円

Photo_20191008110601

|

有川浩さんが改名していた

有川浩さん、今年改名していた。有川さんの著作はすべて(2、3年前までに出版されたもの)読んでいるはずですが、書店で未読の文庫本があったので、手に取ると著者が「有川ひろ」、あれ?と思ったら、今年改名されたのですね。(wikipediaを見たら、「今年2月、産経新聞連載の中で突然改名を発表した」と書いてありました。じゃあ読んでたはずだなあ)
私も最初、「ありかわ ひろし」という男性とばかり思っていましたからね。それにしては女性心理の機微に詳しい人だなあ、と。
阪急電車、図書館戦争シリーズ、植物図鑑、県庁おもてなし課、自衛隊3部作、旅ネコシリーズ、三匹のおっさんシリーズなど、まったくジャンルの違う名作を次々世に問うてきた有川さん、これからも愛読者を楽しませてください。

|

徳島のすだち

Photo_20191008111601

|

«最近やったこと