01/15/2018

阪大スウェーデン語研究室も センター試験のムーミン批判


http://www.sankei.com/west/news/180115/wst1801150066-n1.html

|

阪大スウェーデン語研究室も センター試験のムーミン批判

http://www.sankei.com/west/news/180115/wst1801150066-n1.html

|

意味不明だった元日の朝日新聞社説


いつもながらのことです。

http://www.sankei.com/column/news/180114/clm1801140006-n1.html

|

意味不明だった元日の朝日新聞社説


いつもながらのことです。

http://www.sankei.com/column/news/180114/clm1801140006-n1.html

|

ムーミンの舞台はどこ?


センター試験の問題作成者は、ユニークな出題にマスコミ受けすると期待していたのでは? まさかこんなことで叩かれるとは予想もしていなかったでしょう。

http://www.sankei.com/life/news/180114/lif1801140045-n1.html

|

スマホ運転厳罰化


自転車でのスマホ、歩きスマホも厳罰化して欲しい。

http://www.sankei.com/politics/news/180114/plt1801140005-n1.html

|

01/13/2018

「西郷どん!」と「マッサン」の共通点


大河ドラマ「西郷(せご)どん!」が始まりました。先週の第一回の冒頭は、上野公園の西郷隆盛銅像の除幕式。あれ? どこかで見たような・・・? そうです、NHK大阪放送局制作の朝ドラ「マッサン」の第一回冒頭とそっくりです。あちらはウイスキーの表彰式でしたが、楽団が音楽を演奏するにぎにぎしいオープン風景はそっくり。

それもそのはず、「西郷どん!」の制作統括・櫻井賢さんは「マッサン」の制作統括だったお方。あの当時、NHK大阪放送局の座談会で、「マッサンの舞台裏」についておもしろい話をいろいろ聴きました。私も質問して答えていただきました。堺の三国丘高校-大阪大学-大阪大学大学院-NHK入局という経歴。これで大河ドラマの担当は、「江~姫たちの戦国~」に次いで2回目ですね。

もうひとり、「マッサン」つながりが音楽担当・富貴晴美さん。当時、NHK大阪ホールとあべのハルカスで行われた「マッサン」のイベントでお会いし、演奏も聴きました。ハルカスでは立ち話も。当時、まだ20代でした。その富貴さんが「西郷どん!」の音楽担当です。タイトルに続いて、「原作 林真理子」、「脚本 中園ミホ」、「音楽 富貴晴美」と大きく表示されます。国立音楽大学を首席で卒業―同大学院修了。

「マッサン」とも大いに関係のある今年の大河ドラマ、チーフプロデューサー(制作統括)も音楽担当も超一流、これはおもしろくなりそうです。

|

01/11/2018

あの朝日でさえ、韓国批判

もうほおっておくしかない隣国。もう一本の記事、今朝の産経抄は、福沢諭吉の韓国への絶縁宣言です。
「さればかかる国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にしてごうも意に介することなし」。

http://www.sankei.com/premium/news/180111/prm1801110007-n1.html

|

01/10/2018

住吉大社の白馬神事


1/7は住吉大社の白馬(あおうま)神事。紺碧の澄んだ目をした白馬が境内を走り抜けます。この馬を見ると邪気がふきとび、1年間無事に過ごせると伝えられています。

Photo


|

早明浦ダムの貯水量


久しぶりに四国新聞(高松)を見ると、いまでも掲載されているんですねえ、早明浦(さめうら)ダムの貯水率を図解した記事。
水不足が大きな関心事であることがわかります。

P1190506


|

元日の新聞/各紙社説検証


1/10付産経新聞に「元日付の社説検証」の記事が掲載されています。

産経:祈りでは国守れず/日本を押さえ込み、攻め入ろうとする国が出現しており、朝鮮半島をめぐってはさらに緊張が高まる。平和への願いは尊い。だが、祈りだけで国や国民を守るのは厳しい。平均気温氷点下の八戸航空基地など国防の最前線に立ち、最後の砦となる自衛隊に正月はない。海上保安庁も同じ。平穏な正月はこれら多くの人に支えられている。産経を除いてほとんど報道されなかった、高速道の交通事故で負傷した日本人を助けようとして後続車にはねられ重体となった沖縄海兵隊曹長の事件。勇敢なその米兵と家族に感謝に気持ちを伝えたい。

読売:70年余り続く平和と繁栄を、どう守り抜くのか。周到な戦略と、それを的確に実行する覚悟と行動力が求められる年となろう。日本政府にはミサイル防衛増強を含む万全の対策を求める。

毎日:あるべき国家像を考察。国民国家の揺らぎやほころびが目立つ、その筆頭が米国。米国ファーストに名を借りた多国間合意の軽視が、国論を分裂させたまま進められている。

朝日:安倍政権は近来稀な長期政権だが、国政選挙を頻繁に行い、政策の看板を掛け替えたため、「度が過ぎれば民主主義の健全さが失われる」。

日経:内外の経済環境が良好だからいまこそ、国が、企業が、大きな課題に向き合うべき。政府が最優先でやるべきは、「超高齢化社会を乗り切る社会保障と財政の見取り図をきちんと描くこと」。近代国家の建設や経済復興にも匹敵する難題だが、夏に政府が決める骨太方針で正面から取り組んで欲しい。

|

01/09/2018

北朝鮮拉致を最初に報じた産経記者による回顧連載始まる


産経新聞が北朝鮮による拉致疑惑を1面トップで報じたのは、1980年1月7日でした。朝日・毎日を始め他のメディアはこの重大犯罪に触れようとせず、むしろ「国家がそんな非人道的なことをするはずがない」と産経の報道を捏造と決めつけ、誹謗中傷する政党もありました。
拉致は事実であると、国民が共通認識を持つにいたったのは数十年後のことでした。そしていまだに解決をみていません。
第一報を取材した、当時、産経新聞社会部記者・阿部雅美氏による連載「40年目の検証 私の拉致取材」が産経新聞紙上で1月7日からスタートしています。
阿部記者はこう書いています。「もしあの時、メディアが一斉に報じていたら、あるいは今とは違う、今よりはずっと良い結果に至っていたのではないか、との思いがぬぐえない。一度ならずあった契機に目をつぶり、黙殺し続けた事実を消すことはできない」。

P1190481


P1190482


P1190483


P119048409800107


|

JR高松駅ホームの門松オブジェ


阪急梅田本店の正月恒例巨大生け花オブジェもすごいですが、高松駅ホームにはこんなユニークな作品が。

P1190493_2


|

JR児島駅ホームの駅名看板は「JEANS STATION 児島」

<JR児島駅ホームの駅名看板は「JEANS STATION 児島」>
昔は学生服(いや今も男子学生服の70%はここで製造されています)、今はジーンズの街として広く知られる岡山県児島(いまは合併して倉敷市の一部)のJR駅ホームの駅名看板はちょっと異色です。
ふつうなら駅名漢字の上に平仮名で読み方が表記されますが、ここは「JEANS STATION」となっています。
JEANSにかける意気込みが伝わってきますね。

写真は「児島」、参考までに普通の看板表記はこちら「坂出」。
もっとも最後の「高松」は特別です。「うどん県」「だけじゃない」「さぬきうどん駅」といろいろ入っています。さらに駅ビルを外から見ると「SHIKOKU SMILE STATION」の表示も。

Jeans_station


Photo


P1190491


P1190516


|

きょうは孫に会いに四国まで


朝8時JR大阪駅発の新快速に乗るため、6時40分のバスで出発するはずが、なんと目が覚めたのは7時10分前。目覚まし時計が二つとも止まっています。寝てるうちに止めてしまったのでしょうか。
飛び起きて、食事もせずにあたふたと大阪駅に駆けつけました。ホームに着いたのは発車数分前。なんとか予定通りのスケージュールで移動できました。
高松駅ホームでかき揚げ天ぷらうどんを食べて腹ごしらえ。マンションに到着すると、出迎えてくれた4歳の孫娘も2歳の孫息子も一段とパワーアップ。お姉ちゃんがありったけの大声を張り上げて「GO,GO,GO!」とか「ガオー!」(多分)とか叫ぶと、負けてならじと弟君も叫びます。室内なのに、大声でよくしゃべる、よくしゃべる。幼稚園でもこの調子だそうです。どこからこんな声が出てくるのか不思議。パパもママも、おじいちゃんもおばあちゃんもみんな控えめでおしとやかなのに。
幼稚園のおゆうぎ会のDVDを見ながら、二人であきもせずによそのクラスの踊りまでまねて踊っています。いやはや元気、元気。
一段とかわいらしく成長し、たくましくなってきた二人。
昼寝もせずに遊んでいたので、15時半ごろには疲れて半分眠りの境地に。
おじいちゃんも16時40分のマリンライナーに乗るため退散しました。

|

01/06/2018

わんちゃんのパン


パン屋に「わんちゃんのパン」の張り紙。「戌年にちなんで犬の形をしたパンを売り出したのか」と買おうとして、よくよく見ると「わんちゃんが食べるパンです。お間違えになりませんように」。

|

01/05/2018

段ボールでできた兜と門松

大阪市営地下鉄本町駅構内。職員が作った傑作です。

P1190382


|

門松 本町ガーデンシティ

P1190385


|

01/04/2018

HOW TO BUY、HOW TO GO

天王寺駅の切符自動販売機のそばにあった外人用ポスター。
「How to buy」「How to go」

外人が増えているからねえ。



Sp1190369_to


|

「花弁餅」と「干支菓子 招福」

大阪市本町の千鳥饅頭の前を通ったら、「花弁(はなびら)餅」の幟。「この正月はまだ食べてないなあ」と中に入ると着物姿の店員さんが、黒豆茶と千鳥饅頭4分割の新春サービス。「花弁餅」と「干支菓子/招福(犬の刻印が押された煎餅)」を買ってきました。

Sp1190376


Sp1190374


|

01/02/2018

あきれた芸人がいる


デイブレイクとおんなじだ。ナパージュの悲劇を見よ。

http://www.sankei.com/politics/news/180101/plt1801010018-n1.html

|

01/01/2018

フェイクペーパー抜きの正月の新聞


20年以上恒例だった全国紙5紙+アルファの正月紙面チェック。今年はフェイクペーパー2紙を抜いて、産経・日経・読売の徹底チェックにしようと思ったら(産経は宅配、他はコンビニで購入)、近所のコンビニの読売は第一部だけで第二部以下が入っていない!
店員に聞くと、「それだけしか持ってきませんでした」。104ページのはずがいつもの本紙だけ。そこで読売を買うのをやめたので、結局、今年の正月は産経・日経の読み比べ。

去年の1月1日、天王寺動物園で「奇跡のにわとりマサヒロ君」の出迎えを受けた時、インタビューを受け、翌日紙面に「同じ名前の~さんは・・・」と名前や年齢まで書いてもらった大阪日日新聞も購入(去年も元日だけ買った)しました。

この新聞の本社は、山陰の日本海新聞社なので、竹島問題など領土侵略への危機感いっぱいのはずが、1面の社長の主張は「平和憲法を守り抜け」と勇ましい。平和憲法さえ守っていれば戦争の方から逃げて行ってくれる、とでも言いたげな主張は、百田尚樹さんの小説「カエルの楽園」でデイブレイクが叫んでいたこととまったく同じ。小説では悲惨な運命が待ち構えているのですが・・・

|

絶品 讃岐オリーブ牛のごぼう巻き


すき焼きは牛肉の味に他の味が混ざって判定しにくいけど、これはストレートにオリーブ牛の味を伝えてくれます。「こんな美味しい牛肉があったとは!」。
なかなか手に入らないようですが・・・

P1190359


|

«年賀状発送