06/22/2018

阿倍野区にある近鉄阿部野駅のなぞ


きょうのABCテレビが取り上げていた話題です。大阪人でも間違える「あべの」の「べ」のなぞです。

区の名前、区役所、図書館、警察署、小学校、郵便局、高校、消防署、橋の名前など公共施設ははすべて「阿倍野」。
ところが近鉄の駅は「阿部野」、神社も「阿部野神社」と「部」を採用しています。
さらにハルカス、キューズモール、ベルタはひらがなの「あべの」。

なぜでしょう?

近鉄の駅は、大正12年に大阪鉄道の「大阪天王寺駅」として設置され、翌13年に「大阪阿部野駅」と改名されました。当時の地名「大阪府東成郡天王寺村大字阿部野」から命名したものです。その後、昭和18年に住吉区から阿倍野区が分区された以降も当初の名称を維持しています。
阿部野神社も明治時代に阿部野村にあったことから、「阿部野」と命名され、それを維持しています。

おもしろいことに、昔、大阪府は「阿部野」を使い、大阪市は「阿倍野」を使っていました。ところが昭和18年に阿倍野区ができたとき、統一の機運が生まれ、府の管轄する施設も市と同じく「阿倍野」になりました。ですから府の施設だった「阿部野高校」「阿部野警察」は、昭和18年に「阿倍野」に改名されています。

商業施設「あべのハルカス」「あべのキューズモール」「あべのベルタ」は、漢字で書くとややこしいので、ひらがなにしたそうです。

さらにいえば、阿倍野区には「安倍晴明神社」「阿倍王子神社」というのもありますのでますますややこしいことになっています。

この記事を書いてアップした後、見直したら阿倍王子神社を安部王子神社と書いていました。直して再アップしたら、 今度は阿部王子神社になっていました。まったくいやになってしまう。

|

きょうのあさいちゲストは 原田知世さん


36年前、「時をかける少女」で彗星のごとく現れた15歳の原田さん。その後、「ブレンディ」のコマーシャルでお目にかかる女優さんというイメージでしたが、今回の朝ドラ「半分、青い!」では天然ぶり、少女ぶりを遺憾なく発揮して大活躍。
脚本家・北川えり子さんの写真と原田さんへのメッセージも紹介されました。北川さんといえば、「ロンバケ」を思い出します。言葉の掛け合いというか、言葉遊びの好きな脚本家さん。今回の朝ドラのやりふを聞いただけで、「あ、これには北川作品だ」とわかります。 そういえばあの当時、「ロングバケーション」の文庫本を買ってきて、言葉の分析をして勤務先のホームページと社内報に連載したことがあります。

ところで、明日からユーコさんは見られなくなるのでしょうか? 秋風先生を裏切って破門になったボクテに続いて、ユーコも結婚して出ていってしまいました。律と焼きもちやきの美少女はどうなったのでしょう。来週は律と鈴愛が再会?

|

心温まるいい話 その1 愛の種をまいてくれたラッキー


きょうの産経新聞夕刊1面に載っていたいい話2題。
「その1」は読者投稿エッセー欄「夕焼けエッセー」の「愛の死者ラッキー」。犬嫌いだった筆者が、犬との生活を通じてものの見方が一変した感動のストーリーです。

https://www.sankei.com//west/news/180622/wst1806220057-n1.html

|

心温まるいい話 その2 日本発の美風が世界を変える


これもきょうの産経新聞夕刊1面の記事です。

https://www.sankei.com//west/news/180622/wst1806220056-n1.html

|

阿倍野区にある近鉄阿部野駅のなぞ

きょうのABCテレビが取り上げていた話題です。大阪人でも間違える「あべの」の「べ」のなぞです。

区の名前、区役所、図書館、警察署、小学校、郵便局、高校、消防署、橋の名前など公共施設ははすべて「阿倍野」。
ところが近鉄の駅は「阿部野」、神社も「阿部野神社」と「部」を採用しています。
さらにハルカス、キューズモール、ベルタはひらがなの「あべの」。

なぜでしょう?

近鉄の駅は、大正12年に大阪鉄道の「大阪天王寺駅」として設置され、翌13年に「大阪阿部野駅」と改名されました。当時の地名「大阪府東成郡天王寺村大字阿部野」から命名したものです。その後、昭和18年に住吉区から阿倍野区が分区された以降も当初の名称を維持しています。
阿部野神社も明治時代に阿部野村にあったことから、「阿部野」と命名され、それを維持しています。

おもしろいことに、昔、大阪府は「阿部野」を使い、大阪市は「阿倍野」を使っていました。ところが昭和18年に阿倍野区ができたとき、統一の機運が生まれ、府の管轄する施設も市と同じく「阿倍野」になりました。ですから府の施設だった「阿部野高校」「阿部野警察」は、昭和18年に「阿倍野」に改名されています。

商業施設「ハルカス」「キューズモール」「ベルタ」は、漢字で書くとややこしいので、ひらがなにしたそうです。

さらにいえば、阿倍野区には「安倍晴明神社」「阿倍王子神社」というのもありますのでますますややこしいことになっています。

この記事を書いてアップした後、見直したら阿倍王子神社を安部王子神社と書いていました。直して再アップしたら、 今度は阿部王子神社になっていました。まったくいやになってしまう。

|

てんしば


土曜~日曜日、孫2人を預かったのでてんしば(天王寺公園)へ。
梅雨の晴れ間なので、芝生もレストランも人がいっぱい。赤ちゃんから12歳までの子供の有料遊び場「ボーネルンド」(子供1人+付き添いの大人1人で1日券1,500円。出入り自由)も朝から混んでいました。午後になると、芋の子を洗うような有様になってきました。USJほど高くはないし、入れておけば安全、安心だからでしょうか。家や学校ではできない遊びや水遊び、砂遊び、絵具・粘土遊びなどもできるし。
子供たちは飽きもせずに、走り回っていました。

Sp1230427


Sp1230405


Sp123039900h00m15s61_2


|

辛子めんたいやさまざまな食材を練りこんだせんべい


福岡土産。

Sp1230436


Sp1230437


|

06/20/2018

透明コカ・コーラ


「色なしでコーラの味を再現するのに苦労した」という新聞記事を見ましたが、ちょっと味が違うなあ。

Sp1230390


|

生姜入り梅酒

青梅のはちみつ漬けと梅ジャム(はちみつ漬けができた後)を長年作ってきましたが、去年は氷砂糖漬けにしました。今年は生姜入り梅酒にチャレンジ。

材料:南高梅 1kg、氷砂糖 600g、ホワイトリカー 1.8リットル、土生姜(高知産)80g
手順:
6/15 梅のあく抜き(水で数時間)→乾燥、容器の洗浄・殺菌・乾燥、生姜を皮付きのまま1mmの薄片に切る
6/16 梅のヘタ取り→容器に氷砂糖と梅、生姜を交互に入れる→ホワイトリカーを加える→冷暗所に保存

3か月すれば、飲めるようになります。

Sp1230290


Sp1230291


Sp1230389

Sp1230394_2


|

各社世論調査、内閣支持率軒並みアップ

6/19付産経新聞記事です。


P1230440


P1230439


|

世界遺産 八幡製鉄所の鉄のイメージからネジチョコ


チョコでできたボルトとナット。ちゃんとねじ込んで遊べるところがすごい。北九州市名物としてバカ売れだそうです。 
チョコの型は3Dプリンターでつくっているとか。

もっとも八幡製鉄所でネジを作っているわけではないので、直接結びつけるのは少々無理があるような気もしますが・・・ネジ→鉄→製鉄所の連想でしょうか。

P1230433


P1230431


P1230434


P1230435


|

06/19/2018

すみよし再発見講座 第1,2回


第1回(「住吉さんとおとぎばなし」「住吉の街道」「住吉の鉄道」)、第2回(「まち歩き 住吉大社~帝塚山」)のエッセンスを3分間の動画にまとめました。

https://youtu.be/dhkjkUZarZc

|

2つあった寺田屋事件


日曜日の「西郷どん!」は「寺田屋騒動」でした。寺田屋といえば、坂本龍馬を思い出します。私も伏見の寺田屋に行って、お龍(おりょう)が風呂から裸で階段をかけ上がって、龍馬に追っ手が迫っていることを知らせた有名な現場を「竜馬がゆく」を思い出しながら見たものです。ただし、風呂、階段、刀傷などが残っていますが、現在の建物はその後再建されたものですから、当時のものではありません。
ところで「西郷どん!」に出てきたのは、もう一つの寺田屋事件。幕末に同じ寺田屋で2つの寺田屋事件が起きていたとはややこしい・・・

|

2つあった寺田屋事件

日曜日の「西郷どん!」は「寺田屋騒動」でした。寺田屋といえば、坂本龍馬を思い出します。私も伏見の寺田屋に行って、お龍(おりょう)が風呂から裸で階段をかけ上がって、龍馬に追っ手が迫っていることを知らせた有名な現場を「竜馬がゆく」を思い出しながら見たものです。ただし、風呂、階段、刀傷などが残っていますが、現在の建物はその後再建されたものですから、当時のものではありません。
ところで「西郷どん!」に出てくるきたのは、もう一つの寺田屋事件。幕末に同じ寺田屋で2つの寺田屋事件が起きていたとはややこしい・・・

https://bushoojapan.com/jphistory/baku/2018/03/06/110811

|

06/14/2018

近世古文書用語小辞典


前回の古文書研究会で、「次回は2年間勉強してきた本から採録した<用語小辞典>と<くずし字小字典>を完成させて持参します」と大見えを切ったものの、ボランティアガイドや下見等で時間がなく、とても準備できず。

明日はとりあえず、「用語小辞典」だけで勘弁してもらおう。
普通の辞書には出てこない、地元の古文書(テキストとして使ってきた)を読むための特別な用語や解釈も収録した完全準拠版です。もちろんこの2年間に学んだ古文書の基礎知識の索引にもなっています。
1行だけの簡単な解説、テキスト何ページに出てくるか、テキスト全体にその語が何回出現するかも表示した、他に例をみない「小さな小さな辞典」です。
約600語を収録しています。
講義の進行にしたがって、何回も出現回数を数えなおさなければならず、大変でした。(もちろん、翻刻文はすべてデータベース化してあるので、検索結果を記録して入力するだけですが・・・)。

これも古文書のデータベース化を通じて知った楽しい遊びのひとつ!


Sp1230287


|

梅雨にふさわしいアジサイ「マリンブルー」

Sp1230289_2


|

歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる


ユニークな本です。歴史的文献からギルガメッシュ(古代メソポタミア)、ソクラテス(古代ギリシャ)、カエサル(古代ローマ)、リチャード3世(中世イングランド)、レオナルド・ダ・ヴィンチ(ルネサンス期イタリア)、マリー・アントワネット(フランス・ブルボン朝)、ユーゴー(フランス・ナポレオン時代)、ビスマルク(プロイセン王国&ドイツ帝国)が食べた料理を再現して、レシピを紹介しています。

例えば、ダ・ヴィンチの章には、「イチジクの温製サラダ」「インゲン豆のミネストローネ」「リーズィ・エ・ビーズィ(生ハムとグリーンピースのリゾット)」「鶏肉ソテーの教皇風」「ソルベット・ディ・アランチャ(オレンジシャーベット)」のレシピとおいしそうな料理の写真が・・・

写真はマリー・アントワネットの「ヒラメのホワイトソースがけ」。フランス王室最盛期のメインディッシュだったそうです。
各章のエッセイも時代と人をよく現しており、楽しめます。
例えば、カエサルの章には、「カエサルは味音痴?」「未開人の汚名返上」「地中海世界のいいとこどり文化」「すべての食はローマに通ず」。

この本に紹介されている料理を自分で作って、「きょうはダ・ヴィンチ、あすはソクラテス・・・」と食べるのは楽しいだろうなあ、と思いつつ実現しないままに図書館への返却日がきてしまいました。

柏書房、1,700円+税。2017.8.10

Sp1230155


Sp1230288


|

06/12/2018

ますます落ち込む週刊誌


先週土曜日の産経新聞「週刊誌ウォッチング」」によれば、週刊誌の部数は「週刊文春」が不動の28期(14年)連続1位。ところが

 その『文春』でさえ、前年同期と比べると15%減。下げ幅の大きかった『週刊現代』は21・3%減だから厳しい。

 (1)『週刊文春』36万3159

 (2)『週刊現代』24万6735

 (3)『週刊新潮』24万2440

 (4)『週刊ポスト』22万4530

 (5)『週刊大衆』7万7121

 (6)『週刊朝日』7万7079

 (7)『週刊アサヒ芸能』5万8019

 (8)『AERA』4万9150

 (9)『サンデー毎日』3万9665

 (10)『ニューズウィーク日本版』3万0113

|

マスメディアは信用できない


書いたり言ってることと、自らの行動に乖離がありすぎて笑ってしまう。テレビ朝日社内はセクハラが常態化、朝日新聞論説委員のセクハラもネットで話題になっていたし、毎日新聞の局長はなんと窃盗の常習犯だったなんて・・・ひどすぎませんか。
https://www.news-postseven.com/archives/20180612_695050.html?PAGE=1#container

|

パソコン リサイクル処理完了報告書


本日、処理業者から次のようなメールが届きました。

下記お申し込みにて回収させていただきました品物のリサイクル処理が完了いたしましたので、お知らせいたします。

お預かりした回収品は、環境省・経済産業省の認定工場で、適正に処理が完了しました。今後、それぞれの資源毎に金属精錬事業者等により、再生利用されます。

小型家電リサイクル法に基づく回収ルートへの排出に、ご協力いただきまして誠にありがとうございました。

今後とも、不用なパソコン・小型家電等の処分に*****のご利用を、よろしくお願いします。

※お申し込み情報につきましては「マイページ」にてご確認いただけます。

|

06/10/2018

韓国大統領府から出入り禁止処分の朝日新聞、今度は北朝鮮メディアから非難あいつぐ

https://www.sankei.com/world/news/180609/wor1806090035-n1.html

|

校閲記者が陥りやすいミス


「足下をすくわれる」を「足元をすくわれる」と直して安心していると・・・。
https://www.sankei.com/premium/news/180610/prm1806100014-n1.html

|

06/09/2018

ハッピーエイジング&ソナエ博のチケットが届いた


メインステージの3つのイベントに申し込んでいたら、今回は運よくすべて参加できることになりました。

Simg_20180609_0013


|

«国宝の油滴天目茶碗も撮影できます!