« 瀧谷不動さん | Main | マニフェストとエマニュエル »

01/31/2004

最近見た映画

1月は「半落ち」と「タイムライン」を鑑賞しました。
どちらも大阪天王寺のアポロ8でみましたが、シネコンの登場以来、映画はすっ
かり復権し、再び大衆娯楽の座を確保したようです。いつ行っても(もっとも休日
の昼ですが)大混雑しています。同じ映画館で多数の映画(スクリーン)が選べ
る、完全入替制できれいなシートに座ってゆっくり鑑賞できるなどが人気の秘密
でしょう。

さて「半落ち」は、若者から老人まで幅広い観客で満員でした。結構人気があ
るようです。20分前に行ったら長い列ができていました。

最初の思わせぶりな描写からのストーリー展開にやや不自然さを感じたものの、
途中から現代的な社会性のある話題に結びつき、さすが現代風ミステリー。

原作は35万部以上のベストセラーだそうですね。Kさんに教えていただいたの
ですが、前々回の直木賞選考でおおいにもめた作品だそうです。結局、受賞を
逃したわけですが・・・確かにちょっとストーリーに難があるような気もします。

「タイムライン」も満員でした。「ジュラシックパーク」と同じく、マイケル・クライトン
の小説を映画化したもの。ジュラシックパークでは、恐竜のDNAから生きた恐
竜を復元するというアイディアにあっと驚きましたが、その後、十分可能性のあ
る現実的な話と知って二度びっくり。

最近、凍り付けのマンモスを掘り起こしてDNAを採取し、生きたマンモスを作ろ
うというプロジェクトも推進されていますね。まるでジュラシック・パークの世界で
す。

「タイムタイン」のタイムマシーン、これは夢物語でしかないでしょうね・・・。もっ
とも、万一そんなものができても、わたしゃ乗るのはご免です。

|

« 瀧谷不動さん | Main | マニフェストとエマニュエル »