« インチキ商法 | Main | 改訂された環境ISO »

01/22/2005

横長インデックス 裏話

昨年5月17日付web「FSBiと遊ぼう」に「FSBi1面題字下の横長インデックス(日によって縦)は産経夕刊での成功を受けたもの?」と書きました。1月18日から産経夕刊1面「編集余話」がその裏話「インデックス」を連載しています。

そもそものスタートは、社内勉強会で講師の雑誌編集者が発言したひとこと、「新聞をパッと見て、どんな記事が出ているかすぐに分からない」。

<今の形のインデックス導入で参考にしたのは米国の新聞。要約入りの索引欄には、何枚ものカラー写真が添えられた斬新な作り。日本の新聞作りの常識とはだいぶ違っていました。「タブーなし」を合言葉に、レイアウトの担当者はテスト版を何種類も作成。大きさや字数はもちろん、欄の位置もさまざまに試し、やっと現在の形でゴーサインが出ました。「産経新聞」の題字のすぐ下は、従来は最も大事なその日の記事を置くべき聖域と考えられていた場所でした>

何事も慣習を破るのは大変です。平成15年10月、夕刊紙面で最初にこのレイアウトを見たとき、あっと驚いたのを思い出します。今ではその日の重要ニュースを探す、なくてはならない欄。そしてFSBiでも・・・

じつは産経新聞の記事で大好きなのは、こういう紙面作りの苦労話や裏話。読者と記者を結びつける強いきずなを感じます。

|

« インチキ商法 | Main | 改訂された環境ISO »