« 究極のいじわる | Main | 環境ISOの移行審査終わる »

04/23/2005

いくらでも受信料払いたくなる番組

FSBi 4/22 1面

超辛口評論の麻生千晶さんが珍しく、NHKに「こういう番組を提供してくれるなら、いくらでも受信料を払うよーーーーっ。」と激賞している番組とはいったい? 「秘められた聖地・アトス」(NHKBS hi)というドキュメント、なるほど考えさせられる内容です。エーゲ海に浮かぶギリシャ正教の聖地アトス。女人禁制の小さな島です。

睡眠時間4時間、6時間は畑で労働、後はすべて祈りの時間です。1日2食の夕食はトマトと米のリゾットとアーモンドとオリーブに豆のデザート。朝食は乾物ばかり。食事中は完璧無言。想像を絶する孤独と忍耐の世界です。

最後に麻生さんはこう書いています。「人間がこの世に生きるとはどういうことかと、キリスト者でなくても考えさせられる。呆けた日本の若者と天国へ召されるまで一生祈り続けるこの修道僧の何という隔絶。胸が潰れるほど感動的な、絶壁と魂の叫びを見せられた作品である」。

私もぜひ見たいですね! 

|

« 究極のいじわる | Main | 環境ISOの移行審査終わる »