« Shall We Dance? | Main | 村の写真集 »

05/11/2005

図解のすすめ

3月1日付で勤務先の「環境マニュアル」を改定しました。ISO14001:2004対応システムへの切替に伴うものです。続いて4月、新マニュアルにカラー図解ページを追加しました。この1年間、組織を取り巻く外部環境、内部環境がどう変わり、それらを取り込んで新たな「環境目標達成テーマ」をどう設定したか、一目でわかるように工夫しました。

ここ数年、図解ブームが起きています。図解本が次々ベストセラーになるのは、なんといっても「図解」が実生活で役立つから。堅苦しい文章だけの書類は、なかなか読んでもらえません。理解するにも骨が折れます。ところが図解なら見ただけで全体感がつかめ、ポイントもすぐ頭に入ります。

一方、内容が十分わかっていなければ図解は画けません。どの部分とどの部分がどうつながってこの結論になる…そういった因果関係や話の組立てがしっかりしない限り、図にはなりません。図で表そうとすれば、頭が整理できます。「画く人も見る人もすっきり!」が「図解」の効用です。

従来、「WORD」や「EXCEL」、「POWER POINT」等を使って図解を仕上げるにはけっこう時間がかかりました。ところが最近、図解専用ソフト「図解マスター」(JUSTSYSTEM製)が発売され、ずいぶん便利になりました。

今回、同ソフトを用いて作成した図解例を社内報で4例紹介しました。1枚は先日、開催したビジネスマンの勉強会「知研関西セミナー」の講演録図解版、もう1枚は今年、日経新聞に「私の履歴書」を執筆されたP.ドラッカー氏の著作「イノベーションと起業家精神」から「イノベーションのための七つの機会」です。1時間半の講演も1冊の単行本もA4 1枚に収まっています。  

詳細は次のURLから「目次」→「社内報」→「2005年5月号」へ
http://homepage1.nifty.com/okk3/

|

« Shall We Dance? | Main | 村の写真集 »