« 熊谷真菜さん登場 | Main | 大学は付属高校の生徒データを使えるか? »

05/24/2005

日銀短観と中小企業金融公庫の業況判断DIはなぜ違う?

今年のFSBiは白書を取り上げませんね。昨年は中小企業白書の紹介記事に対してweb「FSBiと遊ぼう」で私も何回かコメントを書きました。同じ白書が3回も記事になったのは珍しいでしょう・・・。

さて、今年も同白書にはあっと驚くおもしろい内容がいっぱい。お役所らしからぬユニークさダントツなのが中小企業白書。

2003年版には、銀行の汚いやり口が紹介されていましたし、いかに融資の利率を引き下げさせるかといったノウハウが堂々と書いてありました。今年も、「日銀短観と中小企業金融公庫の業況判断DIデータが違うのはなぜか?」、「大企業のような経営資源を持たない中小企業はニッチ市場を狙うべきである、との俗説(コトラー先生の有名な概念です!)は誤り?である」といった記事があり、あっと驚かされます。まあ、当たり前といえば当たり前ではありますが・・・

|

« 熊谷真菜さん登場 | Main | 大学は付属高校の生徒データを使えるか? »