« ADSL不調の原因は・・・ | Main | 図解のすすめ »

05/08/2005

Shall We Dance?

 FSBi  5/8  5面

今朝のFSBi「私の名場面」は i編集局(葉)さんの「ダンスに打ち込む美しさ実感」。周防正行監督による人気映画のハリウッドリメーク版「Shall We Dance?」の紹介です。映画からリチャード・ギアとジェニファー・ロペスのダンス姿が掲載されています。

偶然、昨日の産経新聞夕刊「週末に読む」も同映画を取上げていました。見出しは「模倣される日本映画」(山田慎二さん)です。「いくら何でも、ここまで忠実とは予想しなかった。登場人物の設定はまったく同じ。セリフもそのまま。ほとんど同じアングルの場面の連続である」。
周防監督のオリジナル版の公開は世界19カ国、リメーク版はその3倍の56カ国だそうです。いまや「日本映画がまるでアメリカ映画の試作品扱いされている」。ハリウッドによる全世界のメディア支配について論じた本も紹介されています。

さっそく私も、きょうこのハリウッド版を見てきました。数日前、テレビで日本版も見ましたし、準備はばっちり。確かにほとんどそっくりの作りでした。どっちがよかったかなあ・・・リメーク版はいかにもアメリカ的といった作風になっていましたので、日本版の方が良かったような気もします。リチャード・ギアと役所広司はいい勝負、ジェニファー・ロペスと草刈民代はタイプが違いすぎるので比較が難しい。草刈さんはなんといっても牧阿佐美バレエ団で国際的に活躍するプロのバレリーナです。豊富なダンス場面が光っていました。はっきりしているのは竹中直人のユニークさ、あの役は日本の勝ち。上品な草村礼子、ちょっとずっこけの渡辺えりこ、日本の奥さんらしさがよく出ていた原日出子さんの役も日本版の方がよかったですね。

|

« ADSL不調の原因は・・・ | Main | 図解のすすめ »