« May 2005 | Main | July 2005 »

06/23/2005

ほんとうはこわい「女性専用車」

FSBi  6月23日付 1面「よのなか万華鏡」(石橋眞知子さん)

石橋眞知子さんが、女性専用車のこわい実態を書いています。金曜日夜11時過ぎ、新宿駅を出た「女性専用車」の中で見た女性の素顔。「男の人がいなくなると、ガラッと雰囲気の変わる女の本性」には、どきっとさせられます。「家のドアを開けるまで保持すべき <公の自分>があいまいになって、家だからできる、いや家でしかできない行為が女性専用車内ではまかりとおる」、それがかえって犯罪を生むのではないか・・・そんな心配をされています。

|

インターネット投票しました

今朝のFSBi(フジサンケイ ビジネスアイ)1面 「株主総会 集中講座」が、「インターネット投票」を取り上げています。

私も先日、2社について議決権行使をインターネットからやってみました。記事によれば、インターネット投票を導入する今3月期決算企業は388社。

専用サイトにアクセスし、郵送されてきた議決権行使書に記載されたID番号とパスワードを入力します。すると改めて「ID番号の変更画面」がでてきます。ここで同じ文字列を入力すると、「違うID番号でなければ受け付けできません」との表示。 「ふーん」と思いながら別のIDを考えて入力します。あとは各議案に対する賛否を入力するだけ。いたって簡単です。

郵送による議決権行使と異なり、総会当日午前0時まで内容を変更できるそうです。

|

社内報です・・・

下記アドレスのトップページから、「社内報」
→「2005年7月号」にお進みください。

   http://homepage1.nifty.com/okk3/ 

1.無災害1,700日樹立記録証を交付され
  ました
2.環境も品質も最新版ISOになりました!
3.第5回お客様満足度調査実施
4.業務拡大に向け研修会
5.個人情報保護法施行に伴い、コンプライア
  ンスマニュアルを改訂しました
6.設備改善は自らの手で
7.精密プレス部品の品質保証体制強化
8.危険予知訓練リーダー研修会に参加して
9.Dr.宇田の名講義が本になりました
10.便利な小道具--次々生まれるカド何個?
11.話題あれこれ 「日銀短観と中小公庫の
  業況判断DIはなぜ違う?」「個人情報保
  護法施行の余波」
12.編集後記 長澤まさみさんのポスター

                   以 上

|

06/21/2005

Dr.宇田の名講義が本になりました

松下電器産業㈱モータ技術研究所で活躍された工学博士宇田成徳氏の本が書店に並んでいます。独自の切り口からあらゆる事象を解決しようとする発明家宇田先生ならではの内容です。全国各地で講演された「病気になりたくてもなれない話」のさわりをまとめたもの。以前、知研関西セミナーでもお話いただいたことがあります。
病気知らずになるための実践的アドバイスがいっぱいです。

「病気になりたくてもなれない本」、致知出版社、税込み1050円

なお、宇田先生は最近、大学や全国各地での講演・講義のほか、農業指導やおいしい焼酎造りなど熱心に取組まれています。

|

06/13/2005

株主総会通知 が届いた

先週、某製鉄と某重工から株主総会の案内が・・・。いつもこの手の書類は、不思議なくらい「同じ日」に「同じフォーマーット」で届きます。

今回変わっていたのは委任状。議案ごとに賛否を記入して送付する書類に個人情報保護法を考慮したのでしょう、中身が見えなくなるシートが添付されていました。両社ともまったく同じものです。

書類の代わりにインターネットでも回答できるようになっています。

こんな出来事からも、電磁化や個人情報保護の動きが実感できます。

|

06/12/2005

次々生まれるカド何個?

05_06_12_23_44

天王寺MIOの三省堂で、カドケシを買ってきました。間違って書いてしまった字や記号を、1秒でも速くきれいに消すためには必須のアイテムだとか。いつごろから売ってたんでしょうか。

面白いケシゴムがあったもんですね。ブロックがいっぱいつながった形をしています。コクヨ製。1個150円はちょっと高い。

もうひとつ、「マークシート専用鉛筆」や「同 シャープペンシル」にも目がとまりました。確かにマークシートを塗りつぶすのに0.5mmのシャープではちょっ苦労します。1秒を争う筆記試験では、だんぜん効果を発揮しそうな専用鉛筆です。鉛筆3本に鉛筆削りやケシゴムの入ったセットもありました。

|

マグドナルドのイノベーション

FSBi 6月6日付?(大阪本社)「ビジネストリビア」

ドラッカーの有名な「イノベーションの7つの機会」の事例に取り上げられているマグドナルドの創業について、FSBiに載っています。ドラッカーの著作を読んでいましたので、この記事は特に念入りに目を通しました。ドラッカー氏が書いてないことまで触れられており、理解が深まりました。

ちなみにドラッカー氏は、「予期せぬ成功と失敗」をイノベーションに結びつけた事例のひとつとして取り上げています。

|

06/02/2005

旧日本兵騒動 収束へ

今朝(6/1)の産経新聞に東京本社社会部長徳永正明氏の署名記事が載っています。辛坊治郎氏も「産経が今回の事件について収束宣言らしい記事を・・・」と「ズームイン!!SUPER」(日本テレビ系)で紹介していました。辛坊さんは当初から「産経は他社に漏れないよう、最終版だけに掲載しています」と詳しく解説してきました。そしてご本人も現地へ。

今朝の記事は職場でも「さすが産経らしい」と好評でした。もともと大々的に第一報を掲載した同紙(他紙も同じタイミングで報じましたが内容の差は歴然)ですが、よくよく読むと、「確実とはいえない段階ですが、他社も記事にしそうなので現時点での取材情報をまとめて報告します」といったニュアンス・・・。そのあたりのいきさつを社会部長名で読者に伝え、関係者に心理的負担をかけたと反省しています。

|

« May 2005 | Main | July 2005 »