« きょうからスタート! FSBi BLOG | Main | きょうは サラダ記念日 »

07/06/2005

スティグリッツ入門経済学

FSBi  7/5 26面

「暮らし」面に経済学の教科書が紹介されています。ちょっと場違いな専門書?
先日、経済学の先生から「経済学は本格的に勉強するか、表面をなぞるかの2つです。簡単な本をいくら読んでも本質は理解できません。やるならスティグリッツのような分厚い本格的な本を読みなさい」。
今朝の紙面で紹介されている「入門」、次いで「マクロ」「ミクロ」と順に読破しなさいとのお言葉だったのでしょうが、必要最小限の知識だけ身につけようという私には、ノーベル経済学賞受賞者の著作は高級すぎます。経済学の試験がいつも50点というのも当たり前?

ところでこの記事を執筆されたのはどんな方でしょう。「<この一冊できっと経済学が好きになる>というのがキャッチコピーであるが、あながちオーバーな表現ではないような気もする」と書いてあるということは、案外、思いがけずFSBi編集局に配属され、本格的に経済の勉強をしなければならなくなった記者さんの期待がちらっとのぞいた一文なのかなあ、などと思いをめぐらせました。

|

« きょうからスタート! FSBi BLOG | Main | きょうは サラダ記念日 »