« 蝉しぐれ | Main | ついに会ったぞ、毒蜘蛛くん »

10/02/2005

事実解明なしで新聞社ですか

<事実解明なしで新聞社ですか>
<朝日新聞は、どこか勘違いをしているのではないか。これが率直な感想だ。事実関係が何ら解明されていないからである>。
<今、国民が知りたいのは有識者の評価などではない。かねて疑問が寄せられてきた「取材記者はNHKと政治の関係より、本当は安倍氏らの歴史認識を批判したかったのではないか」といった取材意図も含めた事実だ>。
<どうして、この期に及んでも、すべてを明らかにしないのか。報道機関自らが事実を覆い隠していては次の議論には到底進めない>。

かつて朝日の盟友?であった毎日でさえ、こんな激しい非難の社説を書かざるをえない昨今の朝日新聞。読売、産経も当然、同様な批判のオンパレード。いままでは愛想つかしたごく一部の読者が、「こんな受入れやすい論調の新聞が日本にもあったのか」と産経に鞍替えする程度でした。今回は生まれて以来朝日しか知らなかった熱烈な読者層が逃げ始めています。ABC調査によれば半年余りで20数万部の減少。経営的にも深刻でしょう。「読者の7割?は景品稼ぎの渡り鳥購読者。そういう家にはビール券でも配っておけばよい」と幹部が発言したとかで、週刊誌にもたたかれていました・・・ちょっと認識が甘いのでは?

月刊「WILL」がおもしろい特集を組んでいます。朝日社員の本音が聴ける興味深い内容です。

|

« 蝉しぐれ | Main | ついに会ったぞ、毒蜘蛛くん »