« ひろしまへ | Main | 3分で簡単ダイエット、部分やせも »

10/16/2005

料理のレシピは特許で保護される?

きのう、きょうの2日間で「知的財産法入門」の本を読みました。
その中からいくつか面白い話題を・・・さて、つぎの中に正しいものはいくつあるでしょう。

1.現在の日本で、料理のレシピは特許で保護される。
2.斬新な暗号作成法を考案すれば、立派な発明なので特許として登録できる。
3.美的創造物は、特許法の保護対象である。
4.飲食物は特許で保護される。
5.化学物質は特許で保護される。
6.店名として「パチンコ・ディズニー」も「スナック・シャネル」も不正競争防止法に抵触しない。
7.著作権法で保護されているDVDのプロテクトを外す行為は、不正競争行為として規制される。
8.消費者団体や需給者は、企業が他社の製品と混同するような表示をしていたため間違って購買した場合、不正競争行為として訴訟を起こすことができる。
9.自動車の名前として「ゴージャス」を登録できる。
10.食品の名前に不清潔な言葉を使っても公序良俗違反にはならない。
11.たばこの名前として「1カートン」を登録できる。
12.すばらしいデザインの盆栽は意匠登録できる。
13.ナイフ・フォークのセットで意匠権が成立しているとき、ナイフだけ他人に模倣された。権利侵害で差止め請求できる。
14.コンピューターのプログラム言語は著作権で保護される。
15.まったく独立して彫刻を創作したにもかかわらず、「偶然の一致」で同じ作品を発表した人がいた。この場合、模倣にあたるため著作権侵害になる。

答 → 4,5を除いてすべて間違いです。昭和50年の特許法改正までは、4,5も間違いでした。

|

« ひろしまへ | Main | 3分で簡単ダイエット、部分やせも »