« November 2005 | Main | January 2006 »

12/30/2005

驚くべき薄っぺらさ

ゆとり教育が及ぼしてきた学力低下の現実はすさまじいようです。
「知研フォーラム」186号掲載の講演録「ゆとり教育を考える」(渡辺稔氏)にあらためて驚きました。

・今の中学校地理の教科書に載っている都道府県名は、なんと「岩手」「東京」「福岡」の3県だけ。私たちがかつて習った47都道府県すべてについての県庁所在地、地形、文化、経済などの記述がまったく消えています。
・同様に世界の国々についても、記述されているのは3つの国「アメリカ」「マレーシア」「フランス」だけ。今の子供たちに「ロシアの首都はどこ?」と聞いても、20人に3人しか「モスクワ」と答えることができません。「ロンドンはどこ?」と聞いて「アメリカだったかな」なんて子も珍しくないとか。
・15年前には「サイロ」を見て、3分の1~2の子供が「北海道にあるよね」と反応していましたが、今はゼロ。
・昭和42年度の中学の理科教科書に出ていた化学反応式は53、現在なんと6だそうです。
・中学3年間で学ぶ英単語は10年前まで1500語、現在472と3分の1に減っています。

さきほど読売テレビ(日本テレビ)で、厚生官僚のあきれ果てたでたらめぶりを特番で取上げていました。文部行政もどうしようもない・・・日本の将来はどうなる。

|

12/29/2005

中島みゆきさん 熱唱

きのうは19時30分からニュース30分はさんで22時までNHK「プロジェクトX」最終回。6年間にわたって日本を勇気付けてきた名番組です。懐かしい名場面や感動のインタビューが続きました。
そして・・・厳寒の黒部からテーマ曲「地上の星」を歌う中島みゆきさんの紅白初出演のVTR(もっとも歌詞を間違えた部分は出てきませんでしたが)とその秘話、そして番組のラストは、エンディング曲「ヘッドライト・テールライト」です。中島みゆきさんによる豪華な熱唱がスタジオに響きわたりました。彼女の表情もよかったですね。いつも「ふつうの人の生き方を応援する」みゆきさん。「地上の星」も「ヘッドライト・テールライト」も、まさにこの番組にぴったりの曲でした。おかげであの番組スタート以来、私も熱烈な「みゆきファン」の1人。いまでも自宅の部屋の壁には、彼女の写真入り「おとぎばなし」のでっかいポスターが・・・

|

12/25/2005

キングコング

すごい映画でした。

所用で中津に行く前に映画の席を予約して・・・と思ってアポロの1階チケット売り場に行くと長蛇の列。なんと40分もかかって上映開始まで1時間足らずになったため、中津行きは断念。EBISUさんのmixi書き込み「鼻つまりにビックスヴェポラップ」を思い出して薬局で購入、次いで本屋に行き、チャングムのあらすじを立ち読み。12時10分から予告編と3時間8分の「キングコング」を見ました。

髑髏島の恐竜とキングコング、ニューヨークのキングコングとヒロインのラブストーリー?と見せ場はいろいろ。ヒロイン ナオミ・ワッソも魅力的です。

ラストでオリジナル版への感謝の言葉がでてきますが、CGを存分に使ったリメイク版の迫力に驚嘆します。ただし、心臓・血圧に不安のある方、腰痛のある方、おしっこが近い方にはお薦めできない作品です。

|

12/22/2005

まさみの年賀状作り

FSBi  12月21日付 22面 「CM・広告 そうだったんだね」

エプソンのマルチフォトカラリオCMは3部作です。第三弾の「まさみの年賀状作り」編は主演・長澤まさみさん(18)、脇役がおじいちゃん役の藤村俊二さん(71)とお父さん役・高橋克美さん(44)。まさみさんは「中高生なら男女問わず圧倒的人気」(中高年なら・・・でもまんざら間違いではないくらい大人にも人気がありますね。なにを隠そう私も「ロボコン」「世界の中心で、愛をさけぶ」「タッチ」を初め、たいていの映画は見ております。NHKドラマ「さくら」で見たのが最初)、藤村さんは「団塊世代ゾーンに安心感イメージ」、高橋さんは「団塊ジュニアにかわいいといわれるオジサン」だそうです。なお、「手形を押すワンちゃんは、柴犬のモモちゃんという女の子」。

こんな裏話を知っていると、CMも楽しめます。

|

表彰されました!

わたしの書いたBlogの記事が「感動した!2005.表彰ブログ」に選ばれました。なんと「料理部門賞」・・・で、内容は「松茸ごはん」。

ほかに「釣り部門」「建築・産業部門」「生活環境部門」「ペット部門」があります。「表彰ブログ」の主催者はUさん。いつもユニークなBlogを読ませていただいています! 

|

12/16/2005

みなさん苦労されてません?

お客さんへのアクセスを確認しようとインターネット地図で「福井県三方郡三方町」を検索しても出てこない。GOOGLEもMSNも「該当ありません」。住所は間違っていないはずなのに、地図を見るとそんな町が見つからない!
もしかして市町村合併のため? そこでいろいろ調べてわかったのは…「平成17年3月31日、福井県三方郡三方町と上中町が合併し、福井県三方上中郡若狭町が誕生」していたのです。従来とまったく違う新郡名・新町名になっていますので、検索しても出てこないはず。

年賀状の宛名書きで困ってる方が、あちこちいらっしゃると思いますよ、今年は。

|

いまも盛んなワン切り

1回の呼び出しだけで切れる電話、折り返しリダイヤルすると恐ろしい目にあうという「ワン切り」が話題になっていたことがあります。これ、いまでも横行してるんですね。

きょう見覚えのない番号から電話が…。GOOGLEでこの番号「0471780208」を検索すると、案の定「ワン切り」電話のリストに載っていました。

他によくかかってくるのが次の番号。心当たりのない相手は、リダイヤル前にインターネット検索で正体を確認しましょう。
0758221111
0758130001

|

12/15/2005

あの金剛組が・・・!

けさの毎日新聞を見てあっと驚きました。あの・・・日本最古(世界最古かも)の会社として知られる天王寺の「金剛組」が経営不振のため、来月別の会社に営業譲渡するそうです。聖徳太子が百済から招いた大工・金剛重光が西暦578年に創業したと伝えられる名門企業。寺社建築の伝統を今日まで、脈々と伝えてきました。今年で創立なんと1427年目です。「会社の寿命は30年」といわれる中、桁違いの長寿を誇ってきた企業だったのですが・・・

四天王寺のお抱え宮大工の同社は、全国の寺社建築や修理も手がけてきました。40代目にあたる現当主もさぞかし無念だったことでしょう。営業譲渡後も金剛組の名前は残るようですが、経営は高松建設に移ります。バブル期の過剰投資が、日本の歴史そのものともいえる由緒ある企業を押し潰したんですね。

先週の土曜日、天王寺区民センターの勉強会に参加したとき、金剛組本社を眺めながら歩いただけに感慨もひとしお。

|

純ちゃんまんじゅう、おいちかった

東京駅新幹線口で見つけたのが「純ちゃんの黒糖改革まんじゅう」。これご本人の了解は得てるんでしょうか・・・
パッケージの図案もユニーク(写真左)ですが、まんじゅうを包んでいるセロファンの印刷(写真右)もこれこのとおり。

MVC-001S

MVC-002S

|

12/14/2005

彩佳さんがあぶない!

しばらく目を離している間に、こんなことになっていたとは・・・星野彩佳(あやか)さんが大変です。

「自らを襲った悲劇と闘う決意をする星野彩佳・・・! そして、彼女を心の底から守りたいと願う五島健助・・・!! ますます目の離せない、奇跡と感動の離島医療物語」、そう「Dr.コトー診療所」第18巻です。

ここ何巻か読んでいなかったのですが、「星野闘病編」の帯につられて買ってきました。もう800万部も売れてるんですってね。吉岡秀隆-柴咲コウ コンビのテレビドラマ新作は企画されているのでしょうか?

|

大停電の夜に

東京地方が突然大停電に見舞われる映画です。暗闇の中で7つのストーリーが同時進行し、それらが不思議な結びつきをもっていきます。なんとなく温かみを感じてくる映画です。クリスマス向きかな?

出演は、豊川悦司/田口トモロヲ/原田知世/吉川晃司/寺島しのぶ/井川遥/阿部力/本郷奏多/香椎由宇/田畑智子/淡島千景/宇津井健ほか。

田口トモロヲさんは、あの「プロジェクトX」のナレーションをされてる方ですね。初めてお顔を拝見しました。

|

12/11/2005

家族でミュージカル

梅田芸術劇場(旧 梅田コマ)で「レ・ミゼラブル」を見てきました。

HPに本田美奈子さんを悼む言葉が書かれていました。彼女の役はエポニーヌでしたっけ? コゼットを演じたのは、大抜擢された大阪音大の学生・西浦歌織さん。和歌山出身です。なかなか可愛く、歌もきれいでした。パワーあふれる歌でひときわ目立ったのはエポニーヌ役の坂本真綾さん。テナルディエ役のコング桑田さんもなかなかユニークでした。

1985年のロンドン初演以来20年、日本でも18年の歴史をもつ人気ミュージカルです。30分の休憩を含めて3時間もの長時間にわたって十分楽しめました。上の娘はロンドンでも2回見たと言っていました。

家族そろってのひとときは久しぶり、「レ・ミゼラブル」はまさに最高のプログラムでした。

|

12/04/2005

新会社法が株式相場に追い風

FSBi 12月3日付「なるほど講座/新会社法と株式相場」

「新会社法」が来年5月施行されます。趣味?で、法案を作成した役人の執筆による2800円の少々分厚い本を買ってきて、「新会社法 ポイント演習」なる問題集を作りかけているのですが、3日付FSBiにおもしろい記事を見つけました。

新法は、経営の自由度を増すさまざまな仕組みを盛り込んでいます。例えば、最低資本金制度の廃止や定款で取締役の任期や解任決議などの要件を柔軟に決めることができるようになります。

株式相場の追い風になるのは、こうした経営の自由度の向上が企業活動の活性化を促すことに加え、相場に投資家を呼び込むことが期待される具体的なルール改正を含んでいるからです。象徴的なのが、「配当と自己株式取得に関する規制の見直し」。新法施行後は、配当の実施回数規制(現行 年2回)が撤廃され、定款で定めておけば、株主総会を待たずに取締役会決議で配当を実施できるようになり、4半期配当が広がると予想されています。

|

いっしょにいると楽しい子

ただいま放送中のNHKよるドラ「どんまい!」が毎回楽しみです。いまはやりの「コミックのTVドラマ化」。
 “お年寄りの原宿”東京・巣鴨の街を、自転車で疾走する一人の女性。それがホームヘルパー里見優ちゃんです。
相武紗季さんのパワフルな演技が役どころにぴったり。表情がいいですね。

老人たちに「あの子といると楽しくなる、元気になる」と言わせてしまう不思議な女の子。老人だけではありません、彼女が現れると、まわりの人たちがみんな前向きな姿勢に変ってきます。

そんな不思議な、不思議な、「すべてを信じて疑わない優ちゃん」のパワーが、すべての人の心の扉を開いていきます。
ちなみに相武紗季さんは、映画「ビート・キッズ」でなんともいえない不思議な魅力を醸し出すヒロイン・ナナオを演じていました。かまちゃんに「グリコのCMに出ている子だよ」と教えていただきました。ちなみにきょうまで「そうぶ さき」さんかと思っていましたが、「あいぶ さき」さんだったんですね。漢字も間違えやすい・・・。

○「相武紗季」
×「相武紗希」「相武紗紀」「相武紗記」
×「相武沙季」「相武沙希」「相武沙紀」「相武沙記」
×「相武早季」「相武早希」「相武早紀」「相武早記」
×「相武左季」「相武左希」「相武左紀」「相武左記」
×「相武さき」「相武サキ」

同ドラマでは、実に久しぶりに見る淡路恵子さんが、味のあるベテランヘルパーを好演しています。

|

« November 2005 | Main | January 2006 »