« February 2006 | Main | April 2006 »

03/19/2006

紀子さまに男の子

今朝の産経新聞「正論」に動物行動研究家・竹内久美子さんが、「<紀子さまに男の子>の科学的根拠」という記事を書かれています。
「女は若いときは女の子を産みやすく、歳を重ねると男の子を産みやすくなる傾向がある」ということを明らかにしたのは、アメリカ、ミシガン大学のB.S.ロウという人間行動の進化を文化人類学的にアプローチしている女性学者。
工業化の影響を受けておらず、母親の栄養状態がよく反映されていると考えられる19世紀半ばのスェーデンの出産記録を調べたところ、25歳未満の女性は女子100人に対し男子89人、25~34歳までの女性は男子96人、35歳以上の女性は男子120人を産んでいます。

なぜこのような傾向が? 動物行動学者の意見はこうです。女の子は小さく生まれ、その後の世話や食事などの投資が少なくて済む。すなわち省エネタイプ。他方、男の子は大きく生まれ、その後の投資も大いに必要な贅沢タイプ。女にとって若いころは出産の道程はまだまだ長いので省エネタイプを産む。しかも体が大きくなくても将来の繁殖は不利にならない。ある程度子を産み、そろそろ繁殖が終わりに近づいたら、もはやケチらず、ドーンと投資する。それには男がいい。しかも男は体が大きく育てば、将来繁殖に有利であり、投資のしがいがある。

さらに、女は一般に、人の世話をすることに喜びを見出すという特性があり、弟や妹の世話ともなれば喜びもひとしお。母親の子育てのサポート役を立派の果たす。

ということだそうです。このまま晩婚化が進んでいくと、日本は男が多くなってくるのでしょうか?(もっとも男の死亡率が高いのでバランスがとれるかも)

|

03/12/2006

すごい映画だ、「県庁の星」

話題の映画「県庁の星」を見ました。県庁の超エリート・織田裕二が派遣された研修先の三流スーパー。そこで織田の指導員になるのがベテランパート店員・柴咲コウです。

この映画はまれに見る優れた、教育研修に役立つ映画といっていいでしょう。場面ごとに生きた教材が次々登場します。冒頭から「企業経営論」に出てくる組織論、特に官僚組織のデメリットが生き生きと描写されます。「訓練された無能」「最低許容行動」「顧客の不満足」「目標置換」「個人的成長の否定」「革新の阻害」・・・。スクリーン上に展開する、教科書からではとても理解しにくい世界。「運営管理」のマーケティングや店舗管理に関する生の情報もいっぱいです。売上向上につながるスーパーのレイアウト、客動線、クロスマーチャンダイジング・・・。従業員たちの不満、そしてコンフリクトを救うには? 教科書に出てくるマネジメント理論でいえば、科学的管理から人間関係論へ。

野村聡(織田)をマーケティングリサーチに連れ出した柴咲コウ演じる二宮あきが教えたのは、「女はデータだけでは分からない」「女は形のないものに金を払う」「女はデパ地下を2周する」・・・

売れなかった豪華弁当が、冷たくなってもおいしい工夫と「祝い膳」の命名で飛ぶような売れ行き。クロスマーチャンダイジングのアイデアを実現した「シングルライフコーナー」も大好評。

野村が学びとった民間の知恵、それは「素直にあやまる」「素直に教わる」「仲間といっしょに」、いずれも県庁ではおめにかかれないスタイルでした。

|

03/08/2006

あれ! インターネットつながらない

今朝出勤前、インターネットにつなごうとすると「つながらない!」。「おかしいなあ」、と思ったとたんに思い出しました。「メタルプラスネット」とやらに切り替わるのは3月6日だった!

去年秋、KDDIから電話がかかってきて、「現在のADSLからメタルプラスネットに乗りかえると、値段が安くなります。スピードもちょっとだけ」というので申し込みました。モデムが送られて来たのは10日ほど前。忙しかったので放置していたのですが、インターネットにつながらなくなっちゃ仕方がない。

早めに帰ってきて、「パソコンのネットワーク設定」-「モデムの交換と接続」-「インターネット接続」を行いました。無事終ってやれやれ、です。

|

03/03/2006

安藤忠雄さんの叱咤激励

昨夜、建築家・安藤忠雄さんの講演を聴きました。座席が決まっていて、なんと一番前の中央。TVや新聞等ではおなじみですが、直接お目にかかったのは初めて。学校に行かず、独学で建築学を身につけ、いまや世界的な建築家になられただけあって、「自分自身で切り開いてきた人生」に強い自信をお持ちの発言が強烈でした。ユーモラスな表現ながら、内容はかなり辛らつです。

テーマは「木について考える」。木材工場団地主催の講演会でしたが、「木材業者は<いずれどうにかなる。いつかまた木が使われるようになる>と思って何も考えてこなかった。何もしなければどうにもならない。どう生きていくのかを考えよ。仕事は自分で探せ。自分で作って自分で使ってみる。頭の柔らかい若い人のアイディアを活かし、新しいことにどんどんチャレンジしなければだめ。時代が変わっているという認識がない」との発言が繰り返し繰返し、数十回もでてきました。

男性に対する叱咤激励も強烈。「女性が長生きするのは当たり前。男性は60歳の定年を迎えると、家で何もせず寝ているだけ。女性は40歳から映画・友達・趣味と好奇心を拡大するうえに、生活運動(食事の材料買出し、調理、洗濯、掃除…)をする。好奇心と体力が女性を長生きさせる」。

事務所にやってくる若い人にも絶望です。「一流大学の学生は勉強、勉強で育ってきたため、自然や命あるものに対する愛情がない。そんな人間に、生きた人間のための建築設計ができるはずもない。20年前なら、初日に往復ビンタをくらわせれば変えられたが、いまはそんなことをすると翌日から来なくなる。怒ったら終わり。理不尽なことで怒られるのが社会というもの。その中で自分を切り開いていかなければならない」。

自分で設計された建築物のコンセプトを美しい写真とともに紹介しながらの講演でした。「木の文化をいかに日本にしっかり根付かせていくか」「桜の都 大阪をつくろう」といった話のあと、最後に「自然や命あるもの」に対する「礼儀と愛情」の大切さを強調されました。

質疑応答で、「木のもつ温かさをもっと広めたい。学校等の建物にもっと木を使ってもらうにはどうすればいいでしょうか」と聞いた女性に対する安藤さんの回答です。「そんなことは自分で考えなさい。私が市長に働きかけても、当事者ではないから情熱が伝わらない。考えた人が自分で行動することです」。なるほど、行動の建築家・安藤さんらしい言葉でした。

|

石切さんの「よもぎてんぷら」

何日か前、NHK総合TVの昼番組で「石切神社」の参道から中継していました。しじみ、よもぎうどん、漢方薬、占い… 行ったことはありませんが、女優・羽田美智子さんが食べていた揚げたての「よもぎてんぷら」がおいしそうでした。近所にお住まいの水谷さん、食べたことあります?
職場に、毎月1回は富田林から石切さんにお参りにいく女性がいます。
それから…てんぷらといえば、大阪の北・箕面には「もみじのてんぷら」がありますね。

|

03/01/2006

小学1年生で声変わり

まさか、と思わせた今日の朝刊全面広告。毎日新聞だったかな。

小学1年生で声変わりするわけないだろ、と思ってよくよく読むと、「どらえもん 声変わりメガホン」が付録についてくるという内容でした。

「うーん、どんなものだろ?」と書店に走った大人がいるかも。

|

« February 2006 | Main | April 2006 »