« バナーをゲット | Main | スパイにされない法 »

04/03/2006

病院オープン当日、患者となった!

先週末に左目が充血し、次第にひどくなってきたので今朝一番に病院へ。以前、同じ経験をしたとき、「こういう症状は原因不明で起きる内出血みたいなもの。放っておけば1週間あまりで吸収され、自然に治ります」といわれ、事実、そのとおりになりました。「今回も大丈夫だろう」とは思ったものの、気持ちが悪い。そこでお医者様の診断を仰いだわけですが、前回とまったく同じ診察結果でした。「目薬をさしても効きません。時間の経過を待つだけ」だそうです。一安心しましたが、しばらく人相が悪くなりますね。トホホ。

この病院、実はきょうオープンしたばかり--ピカピカの病院です。まさか初日に診察される羽目になるとは・・・。以前近くにあった旧病棟はごちゃごちゃして迷路みたいな建物でした。新しい病棟はあっと驚くばかりの近代的病院です。X線写真等もデジタル撮影され、お医者さんは端末から画像をチェックするシステムです。受付や支払いもすべてカード。コンピュータ処理されて届いた診察料が画面に表示され、患者は表示された金額を機械に入れるだけ。建物はきれいですし、通路は広いし、清潔感いっぱい。若くてきれいな女医さんもいるし? 宗教法人の経営ですので、お金がいっぱいあるのかもしれませんね。私のように他宗(一応、浄土真宗)の患者にも、「あんたはダメ」とは言わないし。初めてこの病院に行ったとき、壁に大きく「人生は芸術である 医療もまた芸術である」と書いてあったのにはびっくりしましたが・・・

|

« バナーをゲット | Main | スパイにされない法 »