« 会計参与 | Main | きょうの必修単語リスト(知的財産) »

07/26/2006

新連携の実際

興味のある方にとっては、気になるテーマ?

昨年4月から施行された「新連携」支援制度は異なる
分野の事業者がその設備や技術、ノウハウなどの経
営資源を持ち寄って新たな事業分野の開拓を図るも
のです。

この1年間で相談は5000件以上あったそうですが、
国の認定を受けたのは7月7日現在178件。結構ハ
ードルは高そうです。

異分野というのは、日本標準産業分類における細分類
(4桁)において異なる業種をいいますが、同分類であっ
ても持ち寄る経営資源が異なれば異分野となります。

認定を受けた事業の6割以上が製造・加工分野ですが、
サービス・IT、環境なども認定されています。連携体
の7割は2~4社による連携。コア企業の規模は半数が
20人以下。資本金の規模は、6割超が5000万円以
下…だそうです。

「週刊 税のしらべ」7月24日号より。

|

« 会計参与 | Main | きょうの必修単語リスト(知的財産) »