« マスコミはあてにされてない | Main | 「わかれうた」に酔う »

08/23/2006

メールは消える!

配信されるはずの勉強会MLに一部欠番(1週間以内に4通)があることに気づき、問い合わせたところ、以下のような回答が・・・

<弊社サーバーでは、許容値を越えた不良な宛先への送信を行うサーバーを検知した場合、迷惑メール対策、サーバー高負荷予防の一環として一定時間受信を自動停止するケースがございます。お客様を、迷惑メールの被害からお守りするための仕様となっておりますので、何卒ご理解ください。なお、不良な宛先の定義としましては、存在しない○○○メールアドレスやメールボックスが容量超過状態にあるアドレスを指しております。こちらで調査いたしましたところ、今回のケースはこの条件に該当し、受信を一時的に停止しておりました。また、停止時間が終了し受信が再開された後も、再び許容値を越えた不良アドレスへの送信が検知されたため受信を停止しておりました。今回の問題解決には、サービス提供元にて不良な○○○メールアドレス宛ての送信について調査を行なっていただき、送信リストより問題のある○○○メールアドレスを削除していただく必要がございます。サービス提供元と弊社との間で、技術的要件の確認をいたしますので、お手数をおかけいたしますが、ご利用のサービス提供元より、(アドレス略)までご連絡をいただくようお伝えくださいますと幸いです>

今回は、たまたま自分が発信したメールが自分に届いていないのに、それに対するコメントがメールで送られてきたため欠番が判明しました。知らずに、そのままというケースもありえますね。こういうケースはMLに限った現象なのでしょうか? 普通のメールでも起こっているのでしょうか? 

迷惑メール対策によって、無関係のメールがとばっちりをうけてはたまりませんが・・・

|

« マスコミはあてにされてない | Main | 「わかれうた」に酔う »