« 人生は長い? | Main | イルマーレ »

09/23/2006

新しい新聞が登場する!

今朝の産経新聞、Fuji Sankei Bujiness i. に、11月創刊のおしゃれでコンパクト、携帯にも便利な宅配朝刊紙「SANKEI EXPRESS」が紹介されています。

横書き、32ページ、タブロイド版、オールフルカラー、購読料1680円、発色効果に優れた上質紙採用・・・
都会の若者にも受入れられるクオリティペーパーを目指すそうです。硬派であるがゆえに徹底的にわかりやすさを追求すると社長が話しています。

新首相・安部さんのブレーンと言われる人は、某テレビが指摘していたように、みんな産経新聞「正論」および雑誌「正論」の執筆メンバーです。タイミング的にもちょうどいいとの判断? 

いままでにない新聞であることは間違いないでしょう。日刊紙の総発行部数は平成9年の5,377万部をピークに100万部以上も減少したそうです。果たして「SANKEI EXPRESS」が新聞離れにストップをかけるか、注目です。

ただし、この新聞は当面、京都市と東京・神奈川・千葉・埼玉の限定発行です。産経新聞の購読者が比較的少ない地域を狙って売れ行きを探り、そのうち拡大する計画でしょうか。

休刊日廃止は他社からいじわるされて潰れましたが、今回はタイプの違う新聞の新規発行ですから反対しにくいでしょうね。産経本紙や他紙への影響はどうでしょう。果たして、従来の新聞とまったく違うジャンルの新聞になるのでしょうか? 

|

« 人生は長い? | Main | イルマーレ »