« おかえりなさい! コトー先生 | Main | 金庫からパチンコ資金をくすねる・・・ »

10/13/2006

マンハッタンの飛行機事故

昨日、ニューヨークのマンハッタンで小型飛行機が高層マンションに激突、操縦していたヤンキースの投手が亡くなりました。直前、mixiのやり取り(「楽しい新聞休刊日」)の中で、マンハッタンに住む日本人女性からコメントをいただいていました。

そこで、「マンハッタンといえば、日本時間今朝4時ごろ発生した小型機のマンション激突の現場は近いのでしょうか? 9.11の再来かと不安になられたのでは・・・ 二転三転しましたが、結局、自家用機の持ち主ヤンキースの選手は乗っていたそうですね」と書いたところ、迫真のレポートがアップされました。

「現場の階から上下左右に真っ黒にすすがついていました。飛行機が突っ込んだにしては、大きな穴も開いてなくて、普通の火事の現場みたいでした」

市長さんがすぐ説明してくれたので、パニックにもならず街は平静だったとのこと。臨月だったお友達が、事故に驚いて産気づいたそうですから、かなりのショックだったのでしょう。この世の中、何が起きるかわかりませんね。

以前、乗っていたジャンボ機が、摩天楼の林立するニューヨーク上空を低空で通過したのでびっくりしたことがあります。迫力満点でしたが、こんなところを飛んでいいのかと思いました。墜落したら大惨事間違いなし、ぞっとしました。

|

« おかえりなさい! コトー先生 | Main | 金庫からパチンコ資金をくすねる・・・ »