« 「あなたは一人ではない」松井選手がメッセージ | Main | 核と政治家 »

11/08/2006

バージョンアップの害?

長らく運営しているホームページに、11月分最新情報(PDF 113KB分)をアップロードしようとしたところ、うまくいきません。いつも一発でつながるのに…。FFFTPを使ってパソコンの設定画面から指示しても、リストを読み込んでくれないのです。最悪のケースを想定し、昔、niftyに申し込んだ書類を捜し出してFTPサーバー名、FTPアカウント、パスワード等を確認しました。

翌日、再チャレンジしても昨日と同じ。仕方なく別のソフトに乗り換えてHPへアクセスしようかと思ったとき、「待てよ、セキュリティレベルが関係しているのかも」とレベルを落としてチャレンジすると、無事、つながってくれました。マイクロソフトの緊急安全情報に基づいて、セキュリティ更新プログラムをダウンロードしたことが影響したのでしょうか。

当たり前に使えていたソフトが、いままでどおりの手順で作業しても動かなくなると非常に困ります。しかも修正ソフトの内容がわかりませんので、素人は大いに悩みます。

似た例として、ソフトのバージョンアップがあります。どんどん便利になるのはいいのですが、ありがた迷惑なことも。例えば、WORDでテキストボックスを作ると、いつからか「描画をここに作成します」と大きな枠がでるようになりました。これが邪魔で仕方ありません。どこかをいじれば出なくなったと思うのですが、方法を忘れましたのでいつも怒りを覚えながら作業しています。どういうメリットを狙って、ここをこう変えたというソフト開発者の狙いが利用者に伝わるようにできないものでしょうかねえ。

|

« 「あなたは一人ではない」松井選手がメッセージ | Main | 核と政治家 »