« February 2007 | Main | April 2007 »

03/26/2007

うまい屋復活/不二家再開

かまちゃんの2月27日付「うまい屋さん復活」のmixiの記事を見て、「へえ、何で復活?」と不思議に思っていました。3月24日付続報を見て、火事で類焼され休業されていたことを知りました。

しかも跡継ぎの長男の方がお亡くなりになっていたとは。
「たこ焼き33ヶ所めぐり」のとき、話し込み、Tシャツをいただいて帰ったあの方が・・・ご冥福をお祈りします。

http://homepage1.nifty.com/okk3/DAYORI42.pdf

知研セミナー1月22日の後、懇親会場・庄屋の手前にある不二家レストランは営業していました。ペコちゃん人形も健在(かまちゃんのように服装まではチェックしていませんが) 。

昨日、天王寺駅地下の不二家をのぞくと23日から再開したとのこと。ぺこちゃんのアイス3カップとお菓子4個を買って帰りました。店員の女の子に責任はないですからねえ。

|

03/25/2007

きょうは松阪

「青春18きっぷ」の旅も今シーズン最終回を迎えました。天橋立、敦賀は一人旅でしたが、きょうは家族3人で。しかも場所は水谷さんのお膝元、三重県です。一生に一度は行ってみたかった「和田金」目指していざ出発。一人1,600円(今年春は5枚で8,000円)の交通費で天王寺-松阪を往復しようというのですから、行きかえりは超ケチ旅行ですね。近鉄特急で往復すれば6,000円くらいかかります。

きょう持参したのは、昨日買ったばかりのTBC大阪校の先生が中心になって執筆された新しい問題集「企業経営理論」(クイックチェックシリーズ、アールズ出版)1冊。行きかえりの電車で172ページ中、144ページまで読了。よく分からないところは、今度著者にお会いしたときに質問することにしましょう。著者が大阪の先生というのは助かります。

ところで、上品な仲居さんが作ってくれた芸術品の「すきやき」はさすが。以下、聞いたこと、見たこと、あれこれ。

1.「和田金」の牧場は3kmほど西のインター近く。3,000頭の黒毛和牛を飼育している。生後半年の雌牛を但馬から連れてきて2~3年飼育する。肉が硬くならないよう、子は生ませない。料理に出すのは、人で言えばはたちのお嬢さんといったところ。自前牧場で飼育した肉は、店で使う部位以外は1階で販売する。他には一切出さない。

2.牛はすべて牛舎で飼う。放牧すると肉が硬くなるため。

3.牧場の従業員は50名、他に店で働いている人が130名。従業員は合計180名。

4.昔、映画「世界残酷物語」で世界中に紹介された「ビールを飲ませて飼育する」理由は、食欲増進のため。そのほか、焼酎をかけてマッサージすることにより皮下脂肪を散らし、霜降り肉にする。

5.すきやきの木炭は、種火を上に置くとあっというまに着火。種火を下に置くとだめ。ときどき火が跳ねて飛び散るため、畳にこげ跡が。

6.まず肉だけをじっくり焼き、そのあと野菜を丁寧に。野菜は水分の出る白菜等は避ける。豆腐も水きりをしっかりした木綿豆腐。

7.あべ静江さんの生家はすぐそばの小間物屋さん。三井財閥誕生の地もすぐそば。本居宣長の記念館は歩いて10分ほど。


St280013s9_1

St280014s9_1

|

おいしいコーヒーの秘密

St280011s9_1

St280012s9_1

「青春18きっぷ」を使って、3月24日(土)に敦賀まで出かけてきました。目的は、①大阪-敦賀直行の新快速に初めて乗ること、②敦賀駅前の喫茶店でおいしいコーヒーを飲むこと。さらに③「マーケティング・流通」のケーススタディ3事例を持参して、勉強?も抜かりなく。

敦賀の喫茶店Pのコーヒーはマイルドで渋みがなく、ちょっと独特の味です。以前、新日鐵の取締役と部長をお連れしたとき、一口飲んだだけで「うん? ここのコーヒーはおいしい。他の店の味と違う」と言っていましたし、商社の人も同様な発言をしていたとか。私だけの印象ではありません。もっとも先の取締役には、「マッチ棒でくじ引きをやろう」と提案され、負けた私が3人分のコーヒー代を支払うはめになってしまったのでしたが・・・

今回初めて店主に聞いてみました。「特別な豆を使うとか、ユニークなノウハウでも?」。その結果、ついにおいしいコーヒーの秘密が解けたのでした・・・もっとも内容はオープンにできません。「ここのコーヒーを飲むために大阪からやってきた」と言うと、夫婦でびっくりしていました。

写真は、「今回飲んだウインナコーヒー」、「コーヒ豆の袋」。

|

03/23/2007

きのう会ったばかりの水谷さんが!

今朝の毎日新聞18面(大阪本社版)を広げたところ、カラー写真でスーツ姿にめがねのダンディな男が・・・
よくよく見れば昨夜、知研関西セミナーでおめにかかった水谷さんではありませんか。

「社会人のための快適メール術/自分らしさ加えて簡潔に」という大道寺峰子記者の記事に登場するのが、水谷さん。「6段×1ページの6割を占める幅」の大きな記事です。

大阪本社版しか掲載されていないかもしれませんので、他地域の方は写真でどうぞ。

070326_2

|

知研関西セミナーで話した

昨夜、NPO知的生産の技術研究会関西セミナー(大阪産業大学梅田サテライト)で1時間あまりお話をしました。テーマは「中小企業のISO あれこれ」。

ISOを高尚な視点から解説した本は多数ありますが、「人がいない、組織もない、金もない」中小企業向けの現場的ISO運営法について書かれた本はあまりないと思います。知研セミナーでも、もの造りや現場のノウハウに関するテーマはあまり記憶にありません。そこで、私自身の経験を中心にストーリーを組み立てました。全体のフレームを理解していただくため図解を1枚作り、講演の冒頭および何ヵ所かの区切りで見ていただきながら話を進めました。いま全体のどこをお話しているか理解いただくためです。

「ISOについて誤解されている方がいらっしゃいますが、いまのISOは単なる品質保証システムではなく、経営そのものなんです」
「いまのISOを守っていけば、業務改革が進みます。従業員の意識も変わってきます」
「あらゆる企業には設計開発の業務があります。お客さんのことを考えて対応することが、すなわち設計開発です」
「成果の上がるISOシステムを構築するには、企業経営理論に基づいた手順を経て目標を立てることです」
「ISOを推進するには複雑多岐にわたる業務が必要です。人・組織・カネのない中小企業がISOを効率的に運営するノウハウとは? キーワードは統合・共通・集大成と公開です」
「最後に、ISOがらみのちょっとユニークなざっくばらんな話題をいくつかご紹介します。守らなくていい法律があります。産廃埋立地は古代歴史の宝庫の隣でした。ごみ管理票のマニフェストと選挙公約のマニフェストは綴りもアクセントも違います・・・」

驚いたのは、岡山県や愛知県からわざわざ、セミナーのためにお見えになった方がいらっしゃったこと。「ISO14001を取得して、最近定期審査を受けました。これから具体的に何をしたらよいのか、現場的かつ具体的なヒントを得るためにやってきました」。他府県からの参加者は、ほかに奈良県2名、京都府1名、後述の大分県1名等。

参加者に中には中小企業診断士の方が3名、同資格の取得目指して勉強中の方が何名か・・・いつもながらハイレベルのセミナーでした。

堺市役所勤務の女性から「ISO14001は役所で取り組んでいますが、昼休みの消灯やコピーの削減といったテーマばかり。もっといろいろやるべきことがあるのですね」。中小企業診断士として4月からデビューされる男性は「付き合っている企業は、きょうの話に出てきた企業経営理論に基づく<経営理論-目標-環境分析-ドメインの策定・・・>の手順を踏んで目標テーマを策定しているとは思えませんねえ」。

セミナー終了間際に飛び込んできたのは、なんと大分空港管制官の方。「先日、高知空港で胴体着陸を成功させたボンバルディア機の機長が非常訓練をしたのはわが大分空港です」。いつも福岡まで出かけて知研福岡セイナーに参加されている大変熱心な方。懇親会途中で退席し、神戸港発深夜航路で帰途につかれました。

知研が全国組織であることを改めて思い知らされた昨夜のセミナーでした。

(P.S) パワーポイントで作った原稿を記憶させたUSBメモリーを持参しました。スクリーンを見ると、字が枠からはみ出したところが何ヵ所も。私が原稿を作ったパソコンと会場にあったパソコンでは文字の設定が違っていたようです。

|

03/17/2007

ジェニファー・ハドソンのDREAM GIRLS

きょう堺筋本町で開かれた「経営分析」の勉強会のあと、アポロ8で見ました。

圧倒的な歌唱力に、圧倒されっぱなし。さすが、菊池凛子さんを破ってアカデミー賞に輝いた女優さんです。自分の思いや感情、背景を巧みに歌で次々つなぎながら、ストーリー展開を図る構成の素晴らしさ。まるでミュージカルみたいな手法だな、と思ってあとからチラシを見ると、それもそのはず、25年前にブロードウェイで毎夜、スタンディング・オベーションによる喝采を浴びた伝説のミュージカルだったとか。

本来のヒロインはこちらなのでしょう、美貌ゆえにジェニファー・ハドソンからリードボーカルをバトンタッチしたビヨンセ・ノウルズ、時代を象徴し時代に取り残されるベテランシンガー エディ・マーフィ、クセのあるマネジャー ジェミー・フォックス、そして抜群の歌唱力と迫真の演技が光った新人・ジェニファー・ハドソン・・・

ハリウッド映画らしいスケールの大きい豪華作品でした。


|

03/15/2007

日経新聞の大誤報

日興コーディアルの有価証券報告書虚偽記載(利益水増し)に関連して、2月28日付朝刊1面トップで「上場廃止へ」と断定的に報じた日経記事が物議をかもしています。

昨日の「フジサンケイ・ビジネスアイ」は1面に日経記事のコピーを掲載して報道のあり方を検証、一時ストップ安になった日興株を売って結果的に大損した人も多いと指摘しています。

日経の記事が出たとき、即座に東証は「そんな決定はしていない」と日経に抗議しましたが、紙切れになってはたまらないと株主の売りが続きました。

3月3日(土)、朝日も「上場廃止へ」と後追い。6日にシティがTOBを発表しましたので、その後に同様な記事を載せた読売・産経・東京の報道は株価に影響を与えませんでした。東証が上場維持を決めた後、日経は釈明記事を掲載しています。

ところで、最後まで東証は態度を決めかねていると読み、「廃止」報道をしなかったのが毎日。きょうの紙面で大きく、いささか威張って特集記事にまとめています。

|

03/12/2007

ビリケンさん

竹内睦泰著「これだけは知っておきたい 日本・中国・韓国の歴史と問題点80」(ブックマン社)の中に、ビリケンの話が…

<もっと中国とうまくやっていける内閣をということで大隈内閣を潰し、元老たちの意のままに操れる長州陸軍閥の寺内内閣が誕生。彼の頭はビリケン人形のように尖っていたため、民衆には皮肉を込めて「非立憲(ビリケン)内閣と呼ばれました>

ご丁寧に、欄外に通天閣のビリケンさんの写真まで載せています。ビリケンさんって、首相のニックネームに使われるほどメジャーな存在だったんですねえ、知りませんでした。

|

03/11/2007

KTR青春フリーきっぷ

これが以前書きこんだ北近畿タンゴ鉄道の「青春フリーきっぷ」です。発売期間は3月1日から4月10日、7月20日~9月10日、12月10日~1月20日まで。JRの「青春18きっぷ」といっしょに使うことが条件です。

きょう福知山駅で購入し、天橋立に行って来ました。ときどき吹雪になったりしてまるで真冬の空模様でした。


Dsc03622s


しゃれたレストランから運河を眺めつつ、地元産の和牛、野菜、米で作ったおいしいハヤシライスを食べながら楽しい時間を過ごしました。

Dsc03632s

|

03/10/2007

初恋の人探します

昨夜のNHK総合「にんげんドキュメント」は、「初恋の人を探したい」。

以前、知研関西セミナーで「初恋の人探します社」社長・佐藤あつ子さんのお話を聴き、著書にサインをいただいたことを思いだし、「これはぜひ見なけりゃ」と頑張って?最後まで見ました。

あつ子社長はワンシーン出てきただけで、あとは調査部長のお母さんばかりでしたが、お元気ですねえ。鹿児島に飛んだり、2日間ぶっ続けで依頼者の「初恋の人」の消息を求めて探しまわったり・・・

大阪新聞の「秘密のあっ子ちゃん 美人探偵・調査ファイル」は平成5年10月から平成9年10月まで4年間も連載されました。その後、松竹新喜劇で舞台化されました。見に行けなかったけど。

ただし、ドキュメントはしょせん、再現画面なのでしょうね。都合のいい電話がかかってくるのに合わせて、タイミングよくカメラが回ってるはずないですもの。

かまちゃんのblogによれば、「会社はアメリカ村なのに、道頓堀風景から始まったのはおかしい」とのご指摘。なるほど、日航ホテルの西ですから、西心斎橋とはいえ、なにも道頓堀や心斎橋をことさら画面で強調する必要はありません。テレビのいいかげんさというか、作為的・画一的というか・・・テレビ屋は、こういう作りかたがいいと信じているのでしょう。

産経新聞夕刊に、元NHKアナウンサーの寺谷さんが、「ボクがNHKを辞めたわけ」という連載コラムを書いています。NHK内部の東京一辺倒主義が毎回書かれていて興味深い内容です。ミナミといえば、すぐ道頓堀を取上げるのは、東京から大阪に腰掛け意識でやってきた連中の発想に間違いなし?

|

03/04/2007

蒼き狼

角川春樹さんが30億円かけて、4ヵ月間のモンゴルロケで製作した英雄チンギス・ハーンの映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」を封切2日目のきょう見てきました。壮大なモンゴルの原野で繰り広げられる一大スペクタクル。

チンギス・ハーン(テムジン):反町隆史、妻ボルテ:菊川怜、母ホエルン:若村麻由美ほか。勇敢な女性クランを演じたAraさんもかわいいというか、りりしいというか・・・今後が楽しみな女優さんです。

MOVIX堺の大きなスクリーンから、司馬遼太郎さんの愛したあのモンゴルの魅力が十分に伝わってきました。

|

ISOのあれこれを考える

知研関西セミナー3月でお話する内容を考えました。(3月22日夜、大阪産業大学梅田サテライト)

・誤解されるISO
 不二家の期限切れ原料問題
 某社長の発言
・様変わりしたISO
 ISO9000s 94年版から2000年版へ
・ISOは業務改革に役立つ
 取得まで
 取得後の取り組み
 取得後の意識改革
 中小企業診断協会に取上げられた事例
・目標達成テーマ等の設定と実行
 ISOの取り組み=企業経営理論そのもの
・中小企業向け効率的運営術
 キーワードは・・・
・ISO夜話
 守らなくていい法律がある?
 緊急資材BOXを造る
 訓練は多彩に
 いつもカードをポケットに
 マニフェストとは?
 認証と認定の違い
 あっと驚かされた産業廃棄物埋立地

上記テーマの資料を作りましたので、まあなんとか時間はつぶせるでしょう?

|

03/03/2007

森はCO2を吸収するか?

FSBi 2月28日付1面「エコマインドi」(竹田恒泰)によれば、

「森林はCO2を吸収する」と語られるが、それは半分正しくて、半分誤り。なぜでしょうか? 確かに植物は太陽光を浴びて、CO2と水を吸ってO2と糖分を作り出します。小学校で習う「光合成」ですね。

ところが、植物が枯れて土に還るとき、光合成とは逆の反応が起こることを忘れてはいけない、と竹田氏は指摘します。植物が枯れると、今度は微生物が植物を分解します。そのとき、O2が消費され、CO2と熱が排出されます。地球全体で微生物が吐き出すCO2の総量は、人類を含む動物が排出する総量をはるかに凌駕するそうです。

植物が分解されるとき、光合成で植物内に蓄えられたCは、CO2として解き放たれ、再び大気に戻されます。薪を燃やしたときに出るCO2も、光合成によって木が蓄えたCO2が解放されたもの。

ということは、植物はCO2を一時的に形を変えて体内に蓄えているだけ。枯れたらCO2は元通り大気に返されます。すなわち森林はCO2を増やしも減らしもしないということになります。

面白い視点ですねえ、気がつきませんでした。

|

青春18きっぷが、なんと・・・

青春18きっぷがなんと今シーズンに限り、8,000円です。いつもは11,500円でしたっけ。なんと3割引。JR発足20周年記念だそうです。

3月1日から4月10日まで有効です。1,600円でJR1日乗り放題(普通、快速、新快速)。以前は私もよく利用しました。

例えば、天王寺から東京まで、東京から天王寺まで、天王寺から紀伊半島一周して天王寺まで、芦屋から城之崎温泉往復、天王寺-伊勢神宮往復、天王寺-広島往復、天王寺-福井往復、天王寺-高松往復、天王寺-飛騨古川往復・・・

先日の新聞によれば、北近畿丹後鉄道が青春18きっぷにタイアップして1日乗り放題500円きっぷを発売しているとか。今年の春は、天橋立の観光客が増えているかもしれませんね。

|

« February 2007 | Main | April 2007 »