« おいしいコーヒーの秘密 | Main | うまい屋復活/不二家再開 »

03/25/2007

きょうは松阪

「青春18きっぷ」の旅も今シーズン最終回を迎えました。天橋立、敦賀は一人旅でしたが、きょうは家族3人で。しかも場所は水谷さんのお膝元、三重県です。一生に一度は行ってみたかった「和田金」目指していざ出発。一人1,600円(今年春は5枚で8,000円)の交通費で天王寺-松阪を往復しようというのですから、行きかえりは超ケチ旅行ですね。近鉄特急で往復すれば6,000円くらいかかります。

きょう持参したのは、昨日買ったばかりのTBC大阪校の先生が中心になって執筆された新しい問題集「企業経営理論」(クイックチェックシリーズ、アールズ出版)1冊。行きかえりの電車で172ページ中、144ページまで読了。よく分からないところは、今度著者にお会いしたときに質問することにしましょう。著者が大阪の先生というのは助かります。

ところで、上品な仲居さんが作ってくれた芸術品の「すきやき」はさすが。以下、聞いたこと、見たこと、あれこれ。

1.「和田金」の牧場は3kmほど西のインター近く。3,000頭の黒毛和牛を飼育している。生後半年の雌牛を但馬から連れてきて2~3年飼育する。肉が硬くならないよう、子は生ませない。料理に出すのは、人で言えばはたちのお嬢さんといったところ。自前牧場で飼育した肉は、店で使う部位以外は1階で販売する。他には一切出さない。

2.牛はすべて牛舎で飼う。放牧すると肉が硬くなるため。

3.牧場の従業員は50名、他に店で働いている人が130名。従業員は合計180名。

4.昔、映画「世界残酷物語」で世界中に紹介された「ビールを飲ませて飼育する」理由は、食欲増進のため。そのほか、焼酎をかけてマッサージすることにより皮下脂肪を散らし、霜降り肉にする。

5.すきやきの木炭は、種火を上に置くとあっというまに着火。種火を下に置くとだめ。ときどき火が跳ねて飛び散るため、畳にこげ跡が。

6.まず肉だけをじっくり焼き、そのあと野菜を丁寧に。野菜は水分の出る白菜等は避ける。豆腐も水きりをしっかりした木綿豆腐。

7.あべ静江さんの生家はすぐそばの小間物屋さん。三井財閥誕生の地もすぐそば。本居宣長の記念館は歩いて10分ほど。


St280013s9_1

St280014s9_1

|

« おいしいコーヒーの秘密 | Main | うまい屋復活/不二家再開 »