« ハローキティいなり | Main | 「利子は不労所得」という金融がある »

04/04/2007

航空力学の結論 「ハエは飛べない!」

いつもユニークなネタを提供してくれる竹田恒泰氏が、またまたおもしろい話題を・・・
今朝のFSBi(フジサンケイ・ビジネスアイ)1面「エコマインドi」です。テーマは「科学で説明がつかないこと」。

<幽霊や超能力を「科学で説明がつかない」というが、身の回りには「科学で説明がつかない」ことだらけなのだ。魚が泳ぐ原理、蛇が這う原理、ハエが飛ぶ原理、凧が揚がる原理などは今のところまだよくわかっていない>

<固定したものの流体力学は計算可能でも、魚や凧など、表面の形状が変わるものの流体力学は計算が複雑すぎて、大型コンピューターを駆使してもいまだに計算できない>

<また、ハエは羽を動かす周波数が高く、羽が生み出す揚力よりも乱気流係数の方が常に高くなってしまい、航空力学上は飛ばないことになっているらしい>

「ハエは飛べないはずだ」との話は初めて知りました。科学ってたいしたことないんだなあ。というより、自然の不思議に追いついていないってことでしょうか。

|

« ハローキティいなり | Main | 「利子は不労所得」という金融がある »