« 発展段階説 | Main | これがビッグ »

05/15/2007

ABLとは?

今年の中小企業白書のポイントがFSBiに連載されています。「グラフで読む07版中小企業白書」シリーズです。
きょうは第5回「ABL利用 在庫など管理意識高まる」。

ABL(アセット・ベースト・レンディング)は、不動産でなく動産、つまり事業に基づくさまざまな資産の価値を見極めて貸付を行う融資手法です。具体的には、売掛金や在庫などの流動資産や、営業用機械設備などを担保とします。地価下落に伴う不動産担保価値の減少に伴い、新たな担保物件として注目されています。

現時点で中小企業の利用する企業は2%、存在を知らない企業が3割、今後利用したいとする企業が1割。流動資産を担保とした中小企業の資金調達に公的信用保証を着けられるようになる改正法案が7月以降に施行されます。

|

« 発展段階説 | Main | これがビッグ »