« サイドカーに犬 | Main | さくら、ああ懐かしい »

07/07/2007

気持ち悪う~

あさから嫌な記事を目にしました。

今朝の産経新聞「「花田紀凱(かずよし)の週刊誌ウォッチング」です。「週刊現代」7月14日号に「ミートホープ」の特集が載っているようですが、その中にこんな話が・・・

<「一度に量が入らない、能率が落ちる」と、ミンチの機械についている安全装置を社長が外してしまう。当然、事故の危険性が増す。知っているだけでも3人が手を機械に巻き込まれ、指を取られた。指をもっていかれて、痛みにもがいている従業員に対して、社長は「誰が手の指を挽けと言った」と怒鳴る。ミンチの機械は止めもしないし、中を洗いもしない。そのまま動かしっぱなしです>

切れた指はどうなったのか? 
中国製食品(だけでなく工業製品も)が世界中で死者を出したり、安全上の重大な問題を指摘されています。日本にもこんな経営者がいたとは・・・

「原爆はしょうがない」発言にも驚きました。アメリカにそういう考えの人がいることは知っていますが、日本の大臣からそんなことを言われるとねえ。ただし、元長崎市長の本島氏はもっと激しいことを言っていました。「原爆投下は仕方なかった、やむを得なかったと、と言わざるを得ない。東京大空襲や沖縄戦も同じだ」、「当時の原爆は今の核兵器と比べれば、おもちゃのようなもので、通常兵器と変わらない」、「広島と長崎への原爆投下は落とされるべきだった」云々。「侵略戦争をした日本は原爆を落とされて当然であり、日本に原爆を批判する資格はない」という趣旨のことを言い続けていた方ですが・・・


http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/214815/

|

« サイドカーに犬 | Main | さくら、ああ懐かしい »