« 土用餅 | Main | 阿久悠さん逝く »

08/05/2007

こっち10円、あっち180円

写真手前はきのう天神橋6丁目の角で見つけた10円まんじゅう、その後ろに見える大きいのは京都府美山の手作りヨモギ餅180円。

10円まんじゅうは、もともと昭和28年頃、佐賀・武雄温泉で生まれ、数十年後、三笠宮殿下ご訪問の折、お茶菓子として出されました。

それがどうして大阪にやって来たのか知りませんが、「まんじゅうえん」(大阪 千林・天神橋5丁目・同6丁目)さんがいまでも1個10円で売っています。「沖縄黒糖のこだわり」と「生地のしっとり感・食べたときのもっちりした食感」が特徴。同じ店でアイスも売っていました。こちらは客が注文するたびに、いちいちアイスを入れ物によそおってくれる昔懐かしい方式。気温が高いため、飛ぶように売れ、「もうあずきしか残っていないんですよ」。そこであずきを食べましたが、甘めでおいしかったですよ。


もうひとつは、ちょっと大きめのヨモギ餅。いつの出かけているスパの売店で買ったのですが、店のお姉さん曰く、「大きいのを自分で選んでね。手作りだから大きさにばらつきがありますよ」


Dsc03697s9

|

« 土用餅 | Main | 阿久悠さん逝く »