« ランナーさんのでっかい記事 | Main | ホームページを作る »

08/31/2007

おいしいコーヒーの秘密(続)

大阪から敦賀までおいしいコーヒーを飲みに出かけた話を書いたのは3月25日でした。北陸出張時に、わざわざ敦賀で下車して飲んでいたほどそのおいしさに惚れ込んでいたお店ですが、そのときまで、なぜおいしいのか探求したことはありませんでした。

3月、ついに思いきって店主ご夫婦に尋ねてみました。するとあっさりその秘密を教えて下さいました。もっとも当時の私のblogでは、もったいぶって?「おいしさの秘密は秘密」とオープンにしていません。もっとも鍵を握る「コーヒー豆の袋」の写真を掲載したのですが、果たしてそこまで頭を巡らせた方がいたかどうか・・・

さて、その感動のおいしさを可能にしたキーコーヒ苦闘の「トラジャ復活の軌跡」を8月28日付フジサンケイ・ビジネスアイ「明日への布石/キーコーヒー②」が詳しく取り上げています。

戦前、キーコーヒーはインドネシアからトラジャコーヒーを日本に輸入していました。芳醇な香りとバランスのとれた味は絶品。高級コーヒーのアラビカ種でも最高傑作との定評がありました。

ところが第2次大戦の戦火で農場が荒れ、農場を運営していたオランダ人たちが去ったため壊滅状態に。当時、資本金1000万円に過ぎなかった中小企業キーコーヒーが、小さな会社の夢をかけた「トラジャ復活プロジェクト」を始動させたのです。

成功するまでの苦闘の歴史はフジサンケイ・ビジネスアイの記事でどうぞ。

|

« ランナーさんのでっかい記事 | Main | ホームページを作る »