« August 2007 | Main | October 2007 »

09/30/2007

日本映画はいいもんだ、「クローズド・ノート」

人気沸騰中の沢尻エリカさんと、2年ぶりの主演映画「サイドカーに犬」で新境地を描いて注目されたばかりの竹内結子さん、それに伊勢谷友介さんが登場する映画「クローズド・ノート」を見てきました。

小学校教師をめざす教育大生・香枝(かえ、沢尻エリカ)が引越し先の部屋で見つけた1冊のノート。この不思議な日記を軸に、恋、仕事の悩みを共有することになる香枝と伊吹(いぶき、竹内結子)の2人の女性。偶然か、皮肉な運命か。物語は、まるでサスペンスのような意外性を織り込みながら展開します。

消えた答案、好意を寄せた画家の正体、破られた最後のページの秘密・・・伊吹先生に会いに行ってわかった「彼女の真実」とは・・・

さわやかな音楽と、美しい映像とともに、謎が解けていきます。最後は、さすがに涙を誘います。

話題の沢尻エリカさんは、マスコミに取り上げられるたびに、表情もいろいろですし、性格もつかみ所がないような気がしていました。その点、映画はじっくり観察できますので楽しみにしていました。きれいなお嬢さんというだけでなく、自分の意思をはっきり主張するタイプといった印象。同世代の女性から圧倒的に支持されているのもうなずけます。

|

09/29/2007

めでたしめでたし、どんど晴れ

最後の最後まではらはらさせられたNHK朝ドラ「どんど晴れ」。いよいよ明日は最終回です。

最後の山場となった外資による乗っ取り騒動・・・いままで老舗旅館「加賀美屋」に宿泊し、そのおもてなしの心に感激したお客さんや元従業員が次々集まってきて、難局を切り抜けます。きょうは涙を誘うシーンも。

半年間、伝統と日本の良さ、おもてなしの心をテーマに取り上げた楽しいストーリーでした。

同時に、NHK BS2で再放送中だった「さくら」も明日で終り。なぜNHKが「さくらⅡ」を企画しなかったのか、私には今でも不思議でなりません。1999年後半以降の朝ドラの中で一番好きだったのですが。「ちゅらさん」や「私の青空」は続編があったのに・・・

さて、1999後半以降の朝ドラ題名、ヒロインを演じたタレントおよび私にとっての好感度(○:好感度大)を特別公開すると・・・

あすか(竹内結子←○)-私の青空(田畑智子)-ほんまもん(池脇千鶴)-さくら(高野志穂←◎)-オードリー(岡本綾)-ちゅらさん(国仲涼子←○)-まんてん(宮地真緒)-こころ(中越典子←○)-てるてる家族(石原さとみ←○)-天花(藤澤恵麻)-芋タコなんきん(藤山直美←○)-どんど晴れ(比嘉愛未←○)

おー、なんと昼休みにテレビにかじりつくこと6年(12作)だったのですねえ。来月からは無理でしょうな・・・

|

09/26/2007

新聞の品格はいずこに?

「朝日の安倍個人攻撃は新聞史に残る汚点」(花田氏)、「朝日新聞の言論テロに殺されたアベ」(Will)等の記事がやたら目につくきょうこのごろ。にっくき敵を倒した喜びにはしゃぎまくり、グループあげて品格のかけらもない記事をあいも変わらず書き続けているなと思っていたところ、今朝の産経抄にこんな記事が・・・

「あれほど安倍たたきに熱心だった朝日もさすがに良心がとがめたのか<評価すべき点がなかったとは思わない>と言い出した。御為(おため)ごかしそのものだが(略)、政権の客観的な評価は後世の史家に委ねるしかない」。

そういえば、昔、日米安保改定で日本中が大揺れに揺れたことがありました。中学生だった私も、当時のマスコミ情報に操られていた一人。しかし、いまや大多数の国民は、当時の岸内閣の判断を間違っていたとはいいません。新聞は、自分たちが過去、犯してきた無数のミスリードを反省し、もっと品格のある記事を書かなきゃ? 

福田新首相誕生に対する新聞の見出しのつけ方--安倍憎しで凝り固まった「朝日」「東京」は甘く、安倍支持だった「産経」は厳しい・・・今朝の「朝ズバッ!」アンカーマン、毎日新聞岸田成格氏の見方です。

|

ネット制限やめた新聞社

毎日新聞を袖にして産経新聞と組んだMSN・・・10月1日から「MSN産経ニュース」がスタートします。といってもすでにサンプル的に配信されていますね。

1.国内新聞社で初めて、Webと紙の編集部隊が統合されます。従来、スクープ記事があっても、まず紙に載せてその紙面が配達される時刻まで、Web掲載は見送られました。今後、「出し惜しみなしのWeb」に変わります。

2.産経新聞の発行部数は200万部、産経グループサイト全体の月間ユニークユーザーは2000万人です。「読者が10倍に増える」と記者連中は大いに張り切っているそうです。当面の狙いは、産経グループ全体の現状のページビュー3億5000万回/月を数倍に引き上げること。

3.従来、新聞社のWeb掲載期間は1~3ヵ月でした。これを6ヵ月に伸ばします。記事によっては半永久的に掲載する記事も。

4.紙面に制限のないWebの特徴を活かし、主要裁判の冒頭陳述などを全文掲載します。先日の光母子殺害事件裁判を報道した朝日にはびっくりしました。本村さんを悲しませ、新たな怒りを生んだ注目すべき犯人の一言がまったく記述されていませんでした。「死刑廃止運動に不利な情報は読者に知らせない」、こんなイデオロギーありきの情報操作でしょう。豊富なWeb紙面を通じて、プラス面もマイナス面も包み隠さず流すのが当たり前になれば、偏った新聞のご都合主義も通用しなくなります。

|

09/21/2007

模範となるべき人たちのテイタラク

きょうの産経夕刊には唖然・・・

元毎日新聞論説委員が酒を飲んで運転事故を起したとの記事。政治部記者、学芸部長を経て、論説委員を務めたあと退社し、現在、千葉県の市会議員だそうです。そもそもマスコミ関係者の絶対数はそんなに多くないはず。にも関わらずしばしば不祥事が報道されるのはなぜ? マスコミの人間は他人に厳しく、自分には徹底的に甘い人種なのでしょうか?
他人を批判する前に、己の姿をよく見つめてみよ、と言いたい。

もうひとつ、こちらにも唖然です。教育評論家として著名な人が、大麻所持で逮捕されています。

やれやれ。

|

福田or麻生?

自民党総裁選は、福田さん圧勝とすべてのマスコミが騒いでいます。でも、本当でしょうか? 逆の結果になってマスコミの鼻をあかせてやりたい?なあ。

いまどき派閥の親玉の締付けが、そんなに力を持っているとも思えないのですが。「麻生さん優勢」があっというまにひっくり返ったいきさつもよくわかりません。みんな勝ち馬に乗ろうとしたのでしょうが、これこそ談合では? 

北朝鮮の言い分「8人(でしたっけ)は死んだ」をそのまま拉致家族に断定的に伝え、家族の質問にも高飛車な態度で冷たくあしらった上、せっかく日本に帰ってきた被害者たちを北朝鮮に帰国させようとした福田さん・・・福田さんの行動にはいささか疑問が・・・。

「相手がいやがるなら、靖国に参るべきではない」、「女系天皇容認」等の発言や姿勢も今回、ほとんど議論されていません。街頭演説の様子をBLOGで読むと、麻生さんの圧勝。「両者の人気が同等だとのテレビや一部新聞の報道は大嘘」といきまいている人もいます。

もっとも昔、私は麻生さんと同じ選挙区の住人でした。一回も麻生さんに投票したことはありませんでしたが・・・

|

あと1週間!(正味5日!)

現在勤務中の会社ともあと1週間でお別れ。いよいよ今月で会社がなくなります。最後になって、あわただしさを増した生産活動も終盤を迎えたところ。生産移管会社との引継ぎが終わり、従業員の再就職先もほぼ片がつきました。

従業員の再就職先を探すどさくさにまぎれて依頼されたホームページ作りも、マイナーな修正を残して本日無事完成。「依頼から数回の打ち合わせを経て、たった3週間で社長の希望するHPができた」と喜んでいただきました。

最近、事務所の窓から工事現場のクレーンを眺めながら仕事をしてきました。これがなんと産経新聞社の新鋭印刷工場。泉南地方は、産経がトップシェアを誇る地域だけに、設備強化にも力が入っているとみえます。たかが?印刷工場にしては、ずいぶんでっかいビルを新築しています。

さて、来月から、私にも新しい職場で重大任務が待ち受けています。専任で取り組んでも、3~4年はかかるプロジェクト。さっそく、推進組織を編成して、全社的な活動を始めなければなりません。他に、経済産業省の新連携プロジェクト関連の業務が回ってくる可能性もありそう・・・のんびりできそうにありません。

|

09/20/2007

お買い上げありがとうございました

「お買い上げありがとうございました」、先日、液晶テレビを購入した私あてに、販売店からきれいなお礼の葉書が届きました。活字だけでなく、液晶画面の手入れ方法について、手書きで丁寧に書いてありました。購入手続きをしてくれたお嬢さんのカラー写真も貼ってあります。名前まで添えて・・・

家電製品を買って、ここまで丁寧なお礼状をもらったのは初めてです。量販店のセールスもますます手が込んできました。うーん、悪い気はしませんね。

そういえば、今朝の産経1面に、「近鉄が、阿倍野(天王寺)に建築を計画している日本一の高層ビルに、シャープの本社機能を誘致している」との記事が・・・

きょう午前中、2時間半にわたってISOについて講演した某社で聞いた話。同社はシャープ堺工場(関連会社も含め1兆円の投資を予定)の隣に新工場を建設することになったそうです。新日鐵堺製鐵所用地(共産党知事だったころ、工場建設が規制され、遊休地になったまま今日に至った空き地)の分譲ですが、なんと5倍の競争率になりました。その難関を見事勝ちぬいて用地が確保できたとか・・・。

夕方のNHKテレビは、シャープとパイオニアの提携を大々的に報じていました。

きのうからきょうにかけて、シャープさんに関係するトピックスが相次ぎましたね。

|

09/16/2007

安倍さんの評価

あまりにも唐突で衝撃的なニュースだっただけに、マスコミ各紙も「無責任」「責任放棄」と批判一色。ところがけさの産経に、トーンの違う意見が掲載されています。ワシントン/古森義久記者による<日本の民主主義やナショナリズムを専門とするジョージタウン大学東アジア言語文化学部長ケビン・ドーク教授>とのインタビュー記事です。
<安倍氏は米国では日本の歴代首相のうちでも「明確なビジョン」を持った指導者としての認知度がきわめて高く、米国の対テロ闘争への堅固な協力制約で知られていた>との好意的評価です。
1. 安倍氏は比較的、短い在任期間に日本の他の首相よりもすっと多くの業績を残したが、その点がほとんど評価されないのは公正を欠く。
2. 業績は「教育基本法の改正」「改憲をにらんでの国民投票法成立」「防衛庁の省への昇格」の3点。
3. 米国では安倍首相への認知が肯定、否定の両方を含めて極めて高かった。森、鈴木など他の首相の多くとは比較にならないほど強い印象を米側に残した。日本の今後のあり方について明確なビジョンを示したダイナミックな指導者として歴史に残る。対テロ闘争に対し、堅固な協力を誓約したことへの米国民の認識も高い。
4. 閣僚任命のミスなど管理責任の失態はあるものの、戦後生まれ初の首相として日本の国民主義とも呼べる新しい戦後ナショナリズムを主唱して、国民主権の重要性を強調し、対外的には国民関与を求める道を選んだ。著書「美しい国へ」で日本の長期の展望を明示したことは、今後消えない軌跡となるだろう。

私も密かに思っていたことですが、こんな逆説的なことも述べています。
<安倍氏の辞任表明の時期や方法も、それ事態が業績となりうると思う。唐突な辞任表明での責任の問題もあるだろう。だが安倍氏が国民投票法など本来、まずしたいとおもったことを達成し、さっと辞任するという動き自体が今後の政治指導者の模範例となりうる>
事実、辞任前、国民の6割以上が反対していた「テロ特措法」も、いまや逆転し始めています。フジ産経グループおよび毎日新聞の世論調査ではすでに賛成>反対(49%-42%)。朝日新聞は質問の前に「反対」を誘導する文句を長々と並べていたにもかかわらず、反対45%に低下しています。

安倍氏が日本で評価されていない点については、<戦後の旧来の産業社会の文化や規範を基準としており、情報社会の文化基準を適用していないために、「戦後レジームからの脱却」などが理解されず、支持されないのだろう>と述べています。

今朝の新聞でもうひとつ、注目した記事が海老名香葉子(えびな・かよこ)さんの「優しさ教わる<談話室>」。以前、テレビで金美齢さんの「戦後の日本平和は、憲法9条があったからではなく、アメリカの核の傘のおかげ」との発言に、「憲法9条があったからじゃないんですか」と発言されていたのを見て、「この方は朝日の信奉者なんだろうな」と思ったものですが、今朝の産経にこうお書きになっています。
<「産経の正論を読むべき」とある人に教えられて以後、愛読している。産経抄と朝の歌を読むのが楽しみ。「産経抄」はどなたが書くのか、実に上手で、学べて楽しめる。一番だと毎日感心している。また投稿の「談話室」には、優しさや温かさを教えられる。…>
ある人ってだれでしょう? もしかして金さん?

|

09/15/2007

スーさん、謎の失踪

映画「釣りバカ日誌」も20周年となりました。シリーズ通算20作は、「釣りバカ日誌18」。
きょう見てきました。今回のサブタイトルは「ハマちゃんスーさん瀬戸の約束」です。

鈴木建設の創業社長・スーさんがついに退任して会長に就任します。ところが就任早々、謎の失踪・・・
さっそくハマちゃんが捜索にでかけます。

岡山の美しい海岸を望む寺で星由里子とその美しい娘・檀れいの世話になっていたスーさんを発見しますが、そこでリゾート建設反対運動に巻き込まれてしまいます。しかもその工事を推進しているゼネコンは鈴木建設だったのです。

檀れいさんを見て、「あれ? こんな女優さんいたっけ?」。それもそのはず、「大ヒット作<武士の一分>のヒロイン役で鮮烈なスクリーンデビューを飾った」方だそうですね。<武士の一分>は見ていませんでしたので、知りませんでした。

Wikipediaによれば、「宝塚/月組・星組の娘役トップスターとして活躍したあと、2006年12月に映画『武士の一分』で銀幕デビュー。映画初出演ながら、純真無垢な美しさとフレッシュなキャラクター、健気な女性というイメージ、そして夫を献身的に支える慎ましくも凛とした妻役が好評を博し、日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞」とあります。

新たな大物女優の演技を見て、きょうはちょっと新鮮な気持ちに。


|

09/11/2007

世界の亀山モデルがやってきた

長年見続けた日立製テレビの画面がおかしくなり、ついに買い換えました。なにしろ「20年前のテレビ」でしたから、よく知人から「あんたは日本経済にちっとも寄与していない」と言われ続けてきました。もっとも15年前、北九州八幡から芦屋へ引っ越し中に落されたのか、底部が壊れましたので、基板だけは交換しました。

さて、今回選んだのは、迷わずアクオス。物造り日本を捨てて、安易に海外へ出るような企業のテレビなんか買うものか。地元堺に1兆円の液晶工場をつくってくれるメーカーさんを支援です。ということで、○○さんでなくて吉永小百合さんを選んだというわけ。

しかし、液晶テレビも安くなったものです。1インチ 1.5万円とか1万円とかいっていたのに、いまや5000円ですから。

|

09/09/2007

東北大100周年大阪祝賀会

大学も変ったものです。「INOUE PLAN 2007」(INOUEは現在の総長名)なるアクションプランを発表して大改革にチャレンジしようというのですから。しかも「研究」「教育」「社会貢献」「キャンパス環境整備」は当たり前としても、なんと5番目に「経営」が入っています。これは国立大から独立法人になったためでしょう。

ホームページを見ると、東京で「東北大の至宝展」や「夏目漱石展」を開催したり、テレビ局と共同企画の長期番組等をいろいろ制作したり・・・

山折哲雄先生の「宮沢賢治とは何者」という記念講演に引き続いて、総長の挨拶、西澤潤一先生の創立から今日に至るエピソード、8月下旬に仙台で行われた記念式典の報告、映像による100年の歩み、次の100年に向けての構想等が紹介されました。

山折先生からは、宮沢賢治が農耕社会に対して反対の強烈な意思表示をしていたこと、彼の作品には狩猟民族的、宇宙的な発想がいたるところにみられること、主要作品が「風」に始まり、「風」に終ることの意味等、興味あるお話をうかがいました。

西澤先生のお話の中で、日清戦争勝利による莫大な収入でできた東大、京大と違って、日露戦争後の資金難に直面した東北大設立にあたっては古河家や地元から多額の寄付があったことは知っていましたが、鉱毒事件も絡んでいたとは初耳でした。

100周年で表彰された卒業生は、「研究」が田中耕一氏、「教育」が帝大初の女子学生で日本女子大元学長 青木生子氏、「産業」が豊田章一郎氏、「文化」がオフコースの小田和正氏・・・

ホテルニューオータニ大阪から帰宅したとき、NHKテレビで視聴者の思い出の曲を漫画で紹介する番組をやっていました。ちょうどそのとき取り上げていたのがオフコースの「さよなら」。偶然の一致です。小田氏が1年下の同じ工学部で学んでいた同窓生だったとは知りませんでした。食堂等で席が隣になったこともあるだろうなあ。

|

09/08/2007

ホタルノヒカリ

干物女ってなんだ?と見始めたドラマ「ホタルノヒカリ」。最近の若い女性は変なドラマを見てるんだなと思いながら見ているうちに、いつの間にか、マンガチックでユニークなキャラの「ホタル」にすっかり愛着がわいてきました。そして、いまや毎週見る羽目に。綾瀬はるかさんの板についたなんとも言えない名(迷?)演技が笑いを誘います。

2,3日前、たまたま入った「古本市場」で目の前の棚に並んでいたのは、原作のコミック第1巻と第2巻。ついつい買ってしまいました。

もっとも地下鉄やバスの中で読んでいたら、顰蹙を買うでしょうから、自宅でこっそり読んでいます・・・来週の最終回はどんな結末になるのでしょうか。あのまま部長と別れることはありえないと思いますが。

|

09/05/2007

ホームページを作る

倉庫会社から「ホームページを全面的に作り変えたいので手伝って」との依頼があり、昨日、大阪の繁華街まで打ち合わせに出かけました。

帰宅後、デジカメを使ってホームページのレイアウトを検討するための基礎資料作り。きょう1日かけてTOPページ(案)と全体構成を完成させました。

「橙色に輝く恒星」が移動するアニメで注目度を上げ、写真2枚を組み合わせてロールオーバー効果を狙った設備紹介、企業の特徴を並べた文章の核心部分は点滅させて・・・いや、ここはメッシュ効果で攻めた方がインパクトが大きいかななどと、あれこれ考えながら作るのは楽しいものです。

従業員の再就職先確保のため、日ごろご縁のなかった企業にもサービスが欠かせないきょうこのごろ。とりあえず、夕方、「TOPページのイメージはこんなものでどうでしょう。URL~を見てください」と連絡しました。さあ、家に帰って続きをやろう!


|

« August 2007 | Main | October 2007 »