« ネット制限やめた新聞社 | Main | めでたしめでたし、どんど晴れ »

09/26/2007

新聞の品格はいずこに?

「朝日の安倍個人攻撃は新聞史に残る汚点」(花田氏)、「朝日新聞の言論テロに殺されたアベ」(Will)等の記事がやたら目につくきょうこのごろ。にっくき敵を倒した喜びにはしゃぎまくり、グループあげて品格のかけらもない記事をあいも変わらず書き続けているなと思っていたところ、今朝の産経抄にこんな記事が・・・

「あれほど安倍たたきに熱心だった朝日もさすがに良心がとがめたのか<評価すべき点がなかったとは思わない>と言い出した。御為(おため)ごかしそのものだが(略)、政権の客観的な評価は後世の史家に委ねるしかない」。

そういえば、昔、日米安保改定で日本中が大揺れに揺れたことがありました。中学生だった私も、当時のマスコミ情報に操られていた一人。しかし、いまや大多数の国民は、当時の岸内閣の判断を間違っていたとはいいません。新聞は、自分たちが過去、犯してきた無数のミスリードを反省し、もっと品格のある記事を書かなきゃ? 

福田新首相誕生に対する新聞の見出しのつけ方--安倍憎しで凝り固まった「朝日」「東京」は甘く、安倍支持だった「産経」は厳しい・・・今朝の「朝ズバッ!」アンカーマン、毎日新聞岸田成格氏の見方です。

|

« ネット制限やめた新聞社 | Main | めでたしめでたし、どんど晴れ »