« リスク分散が生むリスク | Main | ミッドナイトイーグル »

11/24/2007

部下が勝手にやった

最近、企業の不祥事で目立つのが「部下がやった、派遣者が勝手にやった。おれは知らなかった」と平気で発言する経営者。

「船場吉兆」の創業者一族に至っては、自分が指示して不法行為を強要しておきながら、記者会見で「知らなかった」と涙を流してみせ、派遣者に自分の判断で勝手にやったことにするよう迫ったというのですから、呆れてものが言えません。

たとえ、従業員が勝手にやったことでも、経営者に全責任があります。部下をかばってでも、責任を取るのが上に立つ者のとるべき姿です。それをトカゲの尻尾切りで逃れようとする経営者なんて、信じられません。

こういう企業にはさっさと市場から消えていただきましょう。オーナー企業の7割は、3代目でつぶれます。そのひとつだったというだけの話です。

いま、勤務先でわたしに与えられたミッションは、「ルール」「責任と権限」をもっとも重視する世界。あらためて、コンプライアンスについて考えさせられます。

|

« リスク分散が生むリスク | Main | ミッドナイトイーグル »