« 不平等に耐え、魂の教育を | Main | 何十年ぶり、立ったままで映画を »

04/28/2008

チェスト!

生粋の薩摩っ子・吉川隼人(高橋賢人)は、ヤンチャで正義感の強い人気者。隼人やクラスの友達の間の起きる葛藤と友情、親子の絆を描いたさわやかな映画です。子どもたちが次々起こる問題に立ち向かっていく純粋な姿には感動を覚えます。そして、自分を乗り切るための合言葉、それが「チェスト!」なのです。

「負けるな!嘘をつくな!弱いものをいじめるな!」という鹿児島伝統の郷中教育の魂を受け継いだ隼人がついてきたたったひとつの”ウソ”とは・・・

子供たちをやさしく見守りながら導く マドンナ・なっち先生(松下奈緒)や一見ハチャメチャナな隼人の父(高嶋政宏)がみせる愛情たっぷりの教育的指導・・・。

公式ページにこんな文を見つけました。
--------------------------------
オトナは無責任に「ガンバレ」って言う。
このままじゃカッコワルイって自分でも分かってはいる。
だけど、なかなか行動には移せない・・・ ボクらにだってメンツもあればプライドもある。それぞれみんな事情ってもんがあるんだよー!
--------------------------------

最後は、みんなそろって錦江湾遠泳大会を見事に泳ぎきり、フィナーレを飾ります。いたるところに感動のネタを織り込んだ珠玉のストーリー。こういう映画なら「文化庁後援」も大賛成です。

教室でピアノを弾くなっち先生、もう一曲「ちりとてちん」オープニング曲も聞きたかった・・・

|

« 不平等に耐え、魂の教育を | Main | 何十年ぶり、立ったままで映画を »