« (大阪の疑問1)あべの橋の下を流れる川はどこにある? | Main | 禁句100語 »

07/31/2008

(大阪の疑問2)PL花火12万発が2万発?に

日本最大級の「PL花火芸術」、いよいよあす8月1日に大阪府富田林市で開催されます。以前は12万発と発表されていました。すごいなあと思っていたのですが、何年か前に10万発に減りました。それが今年は2万発というので、さすがの宗教法人も不況には勝てない?と思ったらカウント方法を変えたのだそうです。PL教団には「縮小したのか?」との問い合わせが殺到しているとか。

もともと75分間に12万発といえば、1秒に26.8発、そんなに打ち上げられるものかとは思っていましたが、主催元は宗教法人です。インチキ発表はしないだろう、と信じてきました。

ところが7月31日付FSBiの図解入り記事(7月31日の産経新聞夕刊1面にも少し表現を変えてカラーで掲載されています)を見て、一挙に積年の疑問が氷解しました。どうやら「誇大宣伝ではないか」との指摘もあったようですね。

いままで上空に上がってから炸裂した花火の数をカウントしていたそうですが、今年から地上の発射数に変えたとのこと。2万発でも今までの10万発と同規模です。

驚いたのは、花火の数え方に決まりはなかったという事実。他の花火大会も、多くは煙火店任せで、厳密なものではありません。

それはさておき、明日は大混雑間違いなし。すぐそばに産経新聞の最新鋭拠点印刷工場が完成したばかりです。あの周辺は、毎年、8月1日午後から深夜まで大渋滞します。企業もみんな15時までに仕事をやめ、全員退社してしまいます。交通渋滞の影響を避けるため、あすの夕刊は締切が早くなる?かもしれませんね。もっとも新聞社がPL花火のことを知っていたかどうか、ですが。大阪南部方面の夕刊配達が遅れなければいいけど。

|

« (大阪の疑問1)あべの橋の下を流れる川はどこにある? | Main | 禁句100語 »