« キュウリの秘密 | Main | ブログ更新は20%未満 »

07/14/2008

イルカ金魚で、大和郡山逆襲へ

7月10日付FSBi から。

金魚生産量日本一の大和郡山の養殖業者「中野養鯉場」が、このほど交配を繰り返して7年がかりで「イルカ金魚」をつくりました。尾びれはイルカのように水平ですが、横にしか振れず、よたよた泳ぐ姿が愛らしいというもの。

金魚すくい用の安価の金魚が主力の大和郡山は、観賞用金魚中心の愛知県弥富市の倍近く生産しているものの売上高は押され気味。

金魚復活の起爆剤にと意欲満々だそうです。11日朝のよみうりテレビでも取り上げていました。

ところでこの養鯉場は以前にもスケルトン金魚(骨格や内臓が透け透け。熱帯魚と金魚の掛け合わせ)やタイガース金魚(虎の縞入り)を作ったこともあります。

|

« キュウリの秘密 | Main | ブログ更新は20%未満 »