« 「遊び」を大切に考える「主客一如」経営 | Main | 軽井沢Wedding  お食事会(2) »

09/16/2008

軽井沢Wedding  お食事会(1)

先週土曜日は、軽井沢で娘の結婚式。順不同で関連内容を記録します。まずは、結婚式に引き続いて行われたお食事会の報告です。さんらく亭さんに感謝を込めて・・・

結婚式に引き続いてのお食事会。両家の親、本人の弟姉とその子供、合わせて12人のこじんまりした集いです。
新郎Tさんから二人の馴れ初め(2月に初めて出会って7月に婚約、即入籍)から今日に至るまでの説明や今後の決意。続いて、新婦すなわち私の娘からスピーチがありました。その最後に、「忙しかったのでいままで言えませんでしたが、私を今日まで育ててくれたお父さん、お母さんありがとう」のことば。娘からのひとことに感極まるシーンが我が家にはありそうにないなと思っていたら、まさかこんな席で! 両家の皆さんの前で淡々としたことばで済ませられたおかげで、あまりみっともない姿?をさらさずに済んでよかった、よかった。

新郎のお父さんは、さすがに学者らしく格調の高いお話をされました。文豪の言葉の引用からスタートして、新婚の二人に夫婦の絆や信頼、家族の人間関係のありかたについていろいろアドバイス。一瞬、トルストイの「アンナカレーニナ」の冒頭の一文「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はそれぞれに不幸なものである」を思い出しました。

妻から「新婦の父親は、ついでみたいなものだから何もしなくていいはずよ」という言葉を信じていた私にも、なんとお鉢が回ってきて・・・そこでぐっと庶民的な話を。

Dsc04258s

|

« 「遊び」を大切に考える「主客一如」経営 | Main | 軽井沢Wedding  お食事会(2) »