« マイクロソフト、次期OS 2010年日米同時発売 | Main | ことしの注射は痛くない! »

11/16/2008

京都御所拝見 (2)

第二回は「王朝絵巻」です。

今年は「源氏物語1000年紀」です。高校生のころ、週数回×1年間にわたって古文の時間に「源氏物語」だけを勉強しました。もちろんハイライトだけを集めた教科書でした。今年の一般公開のテーマは、「源氏物語」冒頭のことばですね。それぐらいは覚えています・・・。一般公開ではいたるところに女官たちの人形が展示され、それぞれ源氏物語のどこにこの建物が記述されているか等について説明文がありました。

さて、1枚目の写真は、諸大夫の間(しょだいぶのま)です。公家たちが正式参殿したとき、身分によって違う部屋に控えました。襖の絵は部屋ごとに桜、鶴、虎が描かれています。2枚目は外観です。
3枚目は、牛車(ぎっしゃ)です。ずいぶん大きいこととカラフルなことにちょっとびっくり。
4枚目は、清涼殿(せいりょうでん)。枕草子など王朝女流文学とも深いつながりがある建物です。女御(にょうご)の人形が1体展示されていました。
5枚目は、小御所(こごしょ)です。絵合(えあわせ)に興じている人形5体。写真はそのうちの1体です。
6枚目は小御所の隣にある御学問所(おがくもんじょ)。囲碁に興じる人形2体が飾ってありました。

Dsc04390
Dsc04391
Dsc04394
Dsc04417
Dsc04426
St280036

|

« マイクロソフト、次期OS 2010年日米同時発売 | Main | ことしの注射は痛くない! »