« 映画って楽しいな、だから・・・ | Main | 目の前、真っ白! »

01/15/2009

ミーアキャット

ディズニーのドキュメンタリー映画「砂漠は生きている」の現代版みたいな英国BBCの記録映画です。舞台はミーアキャット一家。主人公はコロ。日本語吹き替え版で見ましたので、いかにも日本式の名ですが、英語でも「コロ」なのでしょうか? ミーアキャットは猫科ではなく、マングース科なんですね。

こういうドキュメンタリー映画ってどうやって撮影するのでしょうか? 例えば、狭い地下の網の目状洞穴の中でケープコブラとミーアキャットが決死の闘争を繰り広げるシーン・・・

サソリを捕獲する教育は、きちんとしたカリキュラムに従って行われます。これは、何ヵ月か前、NHKの「ダーウィンが行く」で見た覚えがあります。

砂漠で生きていくことの難しさ、生存競争の厳しさ・・・ミーアキャット一族は集団になって、敵や自然に立ち向かいます。生きていくことの意味や厳しさを教えてくれるこの映画は、現代の若者にもぜひ見て欲しい内容です。競争社会の現実は、人間の世の中でも同じでしょう。

|

« 映画って楽しいな、だから・・・ | Main | 目の前、真っ白! »