« 吉原の女と同じ | Main | 大不況のなかでこんな企業も »

01/29/2009

長澤まさみさん、同じ内容でも書き方が違うと・・・

NHK大河ドラマ「天地人」で、先週から登場した長澤まさみさんの役が真田幸村の妹から姉に急遽変更されたとのニュース。

産経新聞は、淡々と
<長澤さんが演じる初音は、25日の放送で織田信長が上杉謙信の元に送った使者として登場。初音は架空の人物だが、主人公の直江兼続と幸村の年齢差を考えると、初音は当時、10歳未満になり、視聴者から「年齢の設定がおかしい」などの指摘があった。NHKは、原作の設定を変えたことについて、ドラマをより盛り上げる意図があったと説明しているが、「幸村の年齢がはっきりしていることもあり、視聴者の混乱を避ける意味で原作通りにすることにした」(広報局)としている>としか書いていません。

なぜ異例の途中変更まで?と思ったら、MIXI(オリコンスタイル)にはこう書いてありました。
<初音は、妻夫木聡演じる主人公・直江兼続にとって、肉体関係を結ぶ“初めての女性”。当初は俳優・城田優演じる真田幸村の妹役という設定だったが、それでは兼続と幸村の年齢差から、初音が10歳以下で肉*体関係を結んだことになってしまうという視聴者からの問合せにより>
<NHKとしては、10歳未満の性*交を想定するのは不適切と判断し、今回の変更となった>

なるほど、ここまで説明されるとよく理解できました。もっとも一般紙には少々なじまない表現ですね。いろいろ目を通さないと、裏はわかりにくいということでしょうか。

(文中*は無視してください)

|

« 吉原の女と同じ | Main | 大不況のなかでこんな企業も »