« やがて消え行く男のさだめ | Main | SONYの危機は 「コンサルタント導入」が原因 »

01/20/2009

あっと驚く、「おみおつけ」

「漢検」準1級の男Kと、私Nの会話・・・

N:「おかしら」の漢字は?
K:「御頭」かなあ。 
N:残念でした。「尾頭」だよ。本来、しっぽから頭までという意味です。最近の辞書は、「御頭」を載せているのもあるけど、もともとは「尾頭」が正しい。

K:じゃあ、「おみおつけ」(味噌汁の丁寧語)を漢字で何と書くか、知ってますか?
N:うーん、わからん。
K:なんと!「御」を3つ続けて「付け」が正解です。ちゃんと広辞苑にも載っています。


N:「東西」が「トーザイ」、逆さにすると「にしひがし」。「左右」が「サユウ」で逆さが「みぎひだり」。「登山」が「トザン」で逆さが「やまのぼ(り)」・・・漢字を逆にすると、音読みが訓読みにチェンジというのも面白いでしょう。
K:なるほど。そういえば「黒白」は「コクビャク」ですが、「白黒」は「しろくろ」ですね。
  

|

« やがて消え行く男のさだめ | Main | SONYの危機は 「コンサルタント導入」が原因 »