« 目の前、真っ白! | Main | 逆さにするとオン→クン »

01/18/2009

ハローキティ、35周年

2009年は「ハローキティ」が生まれてから35年目だそうです。下の娘は赤ちゃんのときからキティちゃんのぬいぐるみに頬ずりをしながら育ちました。

「ハローキティ」の3代目デザイナー、キティの育ての親とも言える山口裕子さんがココセレブインタビューに登場しています。おもしろいのは、こんな苦労話。

<この子にはオーバーオールとリボンしかないのか!!と毎日嘆いていました(笑)
でもある時気がついたんですね、この子は等身が短くて、頭が大きい。着物を着せても甚平(じんべい)にしか見えない。そこで、いろんなファッションをさせるために、その時々に応じてキティちゃんの頭身を変化させてみたんです。

そうしたら私のなかでキティちゃんに対する自由度がきくようになりました。ある程度自分でも『あれもできる、これもできる』と思ってやっているうちに、キティちゃんが自分のやりたい方向にきてくれるようになり、どんどん仕事が面白くなっていきました。

こんなのキティじゃないじゃん、と周囲から言われても、ぜったいに売れるという自信はありましたね>

ここ3ヵ月の間に私の周りで起きたキティちゃん関連の話題は・・・

1) 昨年11月、京都御所一般参観でしか入手できないキティちゃん発見。
2) Fさんとキティちゃんの深~い関わりを知る。
3) 正月に東京の子供病院の看護師さんから、「某社のキティちゃんの絵入り健康保険証(カード)を提示したお母さんに<まあ、かわいくて素敵ですね!>と言ったら、<中学生の息子はこれを持ってお医者さんに行くのを嫌がるんですよ>という言葉が返ってきたという話を聞く。
4) Hさんの知研関西セミナー(1月)で、Fさんからそのカードの実物を見せていただく。(なるほど、かわいい)
5) 修学院離宮の一般公開のときしか入手できない十二単のキティちゃんについて(Fさんから)。

サンリオさんからのコメントです。
「なかよく・かわいい・おもいやり・やさしい・きぼう」の思いを5つのハートフルカラーに託して、世界に届けていきます」。

|

« 目の前、真っ白! | Main | 逆さにするとオン→クン »