« 探偵!ナイトスクープ お宝映像第2弾 | Main | 黒部の太陽 »

03/22/2009

かんてんパパの思い出

さきほどNHKで伊那食品の経営が紹介されていました。会社の利益より、むしろ社員の幸せを追求するとのこと。転勤は、学校に行っている子供がいる人は避け、1年(だったか半年?)前に知らせます。雪かきをしなくてすむ車庫の屋根設置や雪用タイヤの費用を半分会社が負担します。

金庫のような書庫にぎっしり入っていたのは、社員のアルバム。これが同社の宝物です。

開発品はすぐ発売しないで、「開発の貯金」をし余裕を持ちながら商品化します。
通信販売で注文を受けた人に、女子社員が心のこもった手書きの手紙を出します。

じつは私も以前、時々「かんてんパパ」を買っていましたので、よくこの手紙をいただきました。担当していた女子社員から結婚退社を知らせてきたこともあります。感心したのは、阪神大震災直後、当時住んでいた芦屋のマンションに「お見舞い状」が届いたことです。もちろんこれは印刷ですが・・・

<この度の地震の被害はありませんでしょうか。テレビでそのすごさを知るにつれて、ご家族の皆さんにお怪我がなかったか、お宅に被害はなかっただろうかと気になっております。
何もできるわけではありませんが、遠くから心配している次第です。私どもに大阪営業所があります。何かございましたらご遠慮なく申しつけください。余震が今後、まだあると聞いております。くれぐれもご注意の上、無事であられますようおいのり申し上げます。
取り急ぎお見舞いまで>(原文のまま)

当時、どんな経営をしてる会社なのだろう、社長さんはどんな方なのだろうと思っていました。きょうテレビで拝見すると、予想どおりの立派な会社、社長さんでした。

|

« 探偵!ナイトスクープ お宝映像第2弾 | Main | 黒部の太陽 »