« 全国紙の決算が出そろいました | Main | 伝統の「住吉大社 御田植祭」 (その1) »

06/14/2009

EU加盟国の覚え方

ネットでpachankomanさん という方が紹介されていたおもしろい語呂合わせ。予備校の先生から教えてもらったそうです。

ここまですらすら言えたら、「すごい人だ!」と感心されるでしょうね。

------------------------------------------------
<原加盟国>
オランダ…オラ
フランス…フ
ルクセンブルグ…ル
イタリア…イ
ベルギー…ベル
ドイツ…ド

おら、古いベルト

<1973年>
アイルランド…ア
イギリス…イ
デンマーク…デ

愛で

<1981年>
ギリシア…ギリ

ギリギリ

<1986年>
スペイン…ス
ポルトガル…ポ

スポーツカーで

<1995年>
オーストリア…オ
フィンランド…フィ
スウェーデン…ス

オフィスへ行きます。


予備校の先生曰く、ここまでの意味は、
「私(おら)は、古いベルトを忘れたけれど、会社への愛があるからギリギリの思いでスポーツカーでオフィスまでちゃんと行きます。」
だそうです。

<2004年>
ポーランド…ポ
チェコ…チ
ハンガリー…ハ
スロベニア…スロ
スロバキア…スロ
エストニア…エ
ラトビア…ラ
リトアニア…リ
キプロス…キ
マルタ…マ

ポチはスロスロ(そろそろ)、フェラーリで来ます。

意味は、
「おらが忘れたベルトをポチに持ってくるように頼み、ポチがそろそろフェラーリで持って来るよ!」 です。

場所については、だいたい加盟年ごとに固まっているので白地図に書き込んでいくなりして
勉強するのが一番覚えやすい方法かと思います。
場所をゴロでおぼえてしまうと地図上での進む場所が分からなくなってしまうこともありますからね。
-------------------------------------------------------------------------------

|

« 全国紙の決算が出そろいました | Main | 伝統の「住吉大社 御田植祭」 (その1) »