« にぎやかなパッケージ | Main | お買い物中毒な私! »

06/06/2009

ハイブリッドカーのエコ運転法

マイカーをプリウスに乗り替えて1ヵ月あまり、エコ運転のコツが次第にわかってきました。

市街地走行のみ550kmでガソリン満タンからほぼ半分になっていますから、1回入れれば市街地のノロノロ走行でも1100kmは走れそう。現在、毎日往復16kmしか走っていませんから1回ガソリンを満タンにすれば3ヵ月は持つ計算です。

現在までの平均燃費は19.5km/リットル。従来乗っていたPREMIO(2000CC)の3倍近い数字です。もっとも燃費は乗車距離とともに伸びていますので20km/リットル以上にはなると思います。市街地でも朝夕のラッシュでなければ25km/リットルになりましたので。

おもしろいのは、どうすればエコ運転になるかが学習できること。瞬間燃費が刻々と表示されるため、運転技術が向上してきます。液晶画面に「燃費・回収エネルギー」を表示させ、右端の瞬間燃費の棒グラフを視野の片隅におきながら運転します。アクセルを踏み込むと途端に棒が短くなりますし、アクセルを緩めるとすぐ伸びて40km/リットル以上(~無限大)になります。いかにこの棒を長くするかがエコ運転のポイントです。

5分ごとの平均燃費と回収エネルギーの棒グラフも役立ちます。

プリウスのエコ運転を追求するコツは次のようなことでしょうか。

1.スタートは静かにアクセルを踏みます。すると電気のみで走行を始めます。もっともトルクを要する始動時にいかにガソリンを使わず、電気だけで走るかが燃費向上の秘訣です。車の多い幹線では、自車だけのんびり走行というわけに行きませんが、他車に迷惑のかからない路地等では極めて有効です。ただし、電気自動車は音がしません。飛び出しには細心の注意が必要です。スタート時でもアクセルを強く踏み込むと、電気モータからすぐにガソリンエンジンに切り替わってしまいますので、燃費が悪くなります。

2.安定走行中、アクセルを踏んで瞬間燃費の棒グラフがぐっと短くなったらできるだけ早くアクセルを緩めてやります。するとすぐ棒グラフが40km/リットル ライン(40がフルスケール)まで伸びます。棒グラフを40ラインに近づけて運転するように心がければ燃費が向上し、回収エネルギーも増大します。

なお、私のプリウスは2代目プリウスです。車検の関係で5月18日発売の新型プリウスは間に合いませんでしたので・・・

|

« にぎやかなパッケージ | Main | お買い物中毒な私! »