« SMAPのラッピング広告 | Main | ああ勘違いのベストセラー小説 »

08/29/2009

期日前投票会場は超満員

27日(夕)の知研関西セミナーは夏恒例の野村正樹さん。行きたかったのですが、夕方、堺で会議がありとても間に合わないことが確実だったのと、翌日、2時間ほど研修会の講師をしなければならず、その準備があり断念。

代わりに、会議からの帰り道、住吉区役所で期日前投票をしてきました。去年1月の大阪府知事選でも期日前投票をしましたが閑散としていました。今回は超満員。政権交代が確実と言われているだけあって、さすが関心が高いようです。

以前は分厚い帳簿を見ながら本人確認をしていました。近所の人が投票に来たかどうかが丸見えでしたが、今回はノートパソコン画面を見ながら処理していました。こちらには全然見えませんでした。

期日前投票になって、気軽に投票できるようになったとはいえ、誓約書?を書く必要があります。その中に8月30日に投票できない理由を書く欄があります。

隣で記入していた母親と息子の会話です。
母「理由は、仕事の都合に丸をしておきなさいよ」
息子「30日は仕事には行かないんだけど」
母「バカねえ、仕事以外に丸をすると次々書かなければならないのでタイヘンだよ!」

投票率をあげるために「期日前投票を利用しましょう」と宣伝している割には、形式ばった書式になっています。真面目に書かなければならないのなら、期日前投票に行く人は確実に減るでしょう。このお母さんの言うとおり、「仕事」に丸をして出しておけば、いままで何も言われたことはありません。

|

« SMAPのラッピング広告 | Main | ああ勘違いのベストセラー小説 »