« ホッタラケの島  | Main | 期日前投票会場は超満員 »

08/26/2009

SMAPのラッピング広告

26日付産経新聞には驚かされました。いつもの朝刊が4面分のラッピング広告で包まれていたのですが、その内容は「幸せな国の作り方。」と題する文章を全面に掲載するだけという大胆な構成。しかもその中には、まるで崖っぷちに追い込まれた自民党を応援?するかのような表現もあり、さすが産経?

いったい何だろうと思ってページをめくると最終面に「SMAP」の文字が。あの歌手の?
それが確信に代わるのは2、3面に掲載されている5人の大きな写真。

「SMAP風マニフェスト」で、新曲「そっときゅっと/スーパースター★」を宣伝していたのです。

同日付フジサンケイ・ビジネスアイによれば、「特定の政党を支持したり意識したりしているものではない」そうです。ただし、次のような記述を見ればなんとも微妙です・・・

・みんな、いいときはいいんです。でも、うまくいかなくなると、誰かのせいにしたくなる。
・景気のいいときの首相はいまだ人気があって、悪いときの首相は人気がイマイチ。
・なかなかうまくいかないことも、裏目に出てしまうこともあるでしょう。
・自分たちで選んだ人なのですから、ちょっと大目に見て、応援することも必要なのかな、とも思うんです。
・人のせいにしてしまうのは、カンタンです。
・実際に自分でやるとなったら、これはタイヘン。
・景気対策も大切なのですが、日本よりお金がなくても、みんなが幸せそうな国だって沢山あるような気もします。

Dsc06380s


Dsc06381s

|

« ホッタラケの島  | Main | 期日前投票会場は超満員 »