« インターネットのオンライン申請は便利? | Main | YAHOO リサーチ »

12/20/2009

自由軒が2つ?

Dsc06559s
Dsc06560s
Dsc06561s
Dsc06562s

-------------------------------------------------------

先日、織田作之助で有名な難波の「自由軒」で名物カレーを久しぶりに食べました。きょうは、そのとき買ってきた「レトルト名物カレーベース」を①フライパンで煮立て、②ご飯を加えて混ぜ合わせてしっとりまとめ、③お皿に盛って、④真ん中に生卵を落とし、⑤4代目ウスターソースをかけてかき混ぜ、お店で食べるのと同じ味を自宅で楽しみました。

ところでホームページを見ると、いままで知らなかった記述が・・・
「自由軒は、これまで創業からの味を守り続けてきました。しかし、最近は当店の名前を使ったレトルト食品や、当店とは一切関係のない店舗が出店されています。お客様に誤解を与えないためにも、こちらで「本物の自由軒の定義」についてご説明いたします」
「当店では、支店を出した場合でも、これまで受け継がれた味を守るため、本店で味を管理しております。名物カレーなどに関しては、本店で作ったソースを毎日、支店へ運ぶ必要があるため、関東のような遠方での営業は行っておりません。 これら東京、埼玉、横濱カレーミュージアム、大阪の心斎橋や本町の店舗は、「せんば自由軒」という当店の名前を模しただけの店です。 明治43年に創業した「織田作之助が愛した名物カレー」の自由軒は、難波本店、天保山店の2店舗のみ、営業を行っております」
と、こっちがホンモノであっちはニセモノという書き方。


そこで「せんば自由軒」のホームページを見ると、

「せんば自由軒は大阪ミナミの千日前で明治43年に西洋御料理店として創業されました」と織田作之助の写真まで入れてこちらもホンモノと主張。もっとも少々分が悪いのか、いささか低姿勢で「自由軒って、2つあるみたいですが?」「せんば自由軒の初代は難波の自由軒とは全く関係ない人だったの?」「交流はないの?」「仲は良かったんですか?」と、かなり微妙な質問にもていねいに回答しています。
途中で経営者の兄弟が独立して「せんば自由軒」を創業したらしいのですが・・・


|

« インターネットのオンライン申請は便利? | Main | YAHOO リサーチ »