« 恩師の切手コレクションが古本屋に | Main | ぷるぷるおモチ »

12/06/2009

「政権のオワ」ではすまない・・・

今朝の産経抄は、囲碁の梶原武雄さん独特の表現「オワ」(=終わり、勝負あった)を用いて、「鳩山政権は早くもオワに近い」と書いています。常軌を超える偽装献金、在日米軍問題で危険水域に入った日米関係、日本だけ下がり続ける株価、最後は自分が決断をといいながらいつまでも自分の意見を言わず、責任放棄の期限なし先延ばしばかり・・・政権のオワはともかく、日本のオワはごめんこうむりたいものです。

マスコミもコメンテイターもなんとやさしいこと。「首相の脱税、偽装献金はまだ事実と確定されたわけではない」「母親からもらったのだから罪は軽い」、「大胆な改革にはルール無視も必要」「アメリカも日本を必要としているから、最後は折れてきますよ」等々。
普天間基地移転のWGで、駐日米大使が鳩山首相の「年内決着はやめた」にすさまじい剣幕で激怒した記事も、産経以外では見なかったような気がします。政府間の合意を踏みにじられて、よくもアメリカがここまで我慢してくれてるなあと思います。

国際的なマネジメントシステムのISO9001や14001には鉄則があります。守れない(守りたくない)ルールも、ルールはルールです。手順を踏んでまずルールを改訂し、その後で新ルールを守らなければなりません。新政権は基本的な原則の無視が多すぎます。八ツ場ダムの議論は地元の意見を聞かなければならないという法律に違反していますし、日本郵政の社長人事は会社法の手続きに違反しています。マニフェストが法律より優先するなんてルールは誰が決めたのでしょう。

国民が民主党を選んだのは、マニフェストのすべてに賛成したからではないのに固執する理由がわかりません。マニフェスト冒頭に「民主党に1票を入れる人は、ここに書いてあることすべてに賛意を示したものと判断します」とでも書いてあったのなら別ですが・・・

八木秀次氏が、いまの政権運営をローマの「パンとサーカス」に例えています。人々に食料を無償で与え、人とライオンの決闘を無料で見せて政治への不満を収め、国の将来を考えなくさせた絶頂期のローマは、結局滅んでしまいます。子ども手当てでパンをちらつかせ、事業仕分けというサーカスまがいのパフォーマンスで国民の目をひきつける今の政権と似ているというわけです。長期的な戦略もなしに、安全保障や科学技術まで安直な投資対効果で決めてしまおうとする事業仕分けには危険もいっぱい。

予算のやりとりを公開するのはいいことですが、まずとりあげるべきはマニフェスト実現のために膨らんだ予算でした。全部の案件を徹底的にチェックし、そのうえで他の案件の無駄をそぎ落とせばよかったのに。

主張の違う政党と連立を組んでいたら、いずれ破綻するのではと思っていましたが、案の定の成り行き。福島党首から「重大な決断をする」と開き直られたのを機会に、「どうそ、どうぞ。そのほうがすっきりしますね」と切り捨ててしまえば「さすが鳩山さん」と支持率も上がったでしょうに。日米より連立を優先した迷走発言で、たのみの支持率も今後下降に向かうのは必至?

新政権がもともたしているうちに、経済も外交も最悪のシナリオにまっしぐら・・・これではほんとうに「日本のオワ」になりそうでひとごとではありませんね。

|

« 恩師の切手コレクションが古本屋に | Main | ぷるぷるおモチ »