« 正月の新聞 7「0(ゼロ)から、未来へ。」 | Main | 正月の新聞 9「鳩山政権のドジはゆるせ」 »

01/01/2010

正月の新聞 8「ニッポン漂流を回避しよう」

8.読売新聞(その3)「ニッポン漂流を回避しよう」

読売の社説には、鳩山政権にイライラしている様子がありあり。「期待よりも懸念、希望よりもあきらめを強く抱かせるような、政治の迷走、経済の停滞」、「国家戦略なき日本は、国際社会の荒波の中で孤立化し、やがては漂流する」、米国離れを志向する鳩山首相の言動は極めて危うい」、「米国依存を改め、対等な関係を目指すのなら、・・・自主防衛力の抜本的な強化が必須となり、・・・現実的な選択ではない」、「コンクリートから人への一人歩きは危険」といった手厳しい言葉が並んでいます。

最後の締めくくりは、産経でもよく見かける「ローマ帝国の滅亡を早めた<パンとサーカス>の大衆迎合的ばらまき・見世物政治から一日も早く抜け出さなければならない」。

|

« 正月の新聞 7「0(ゼロ)から、未来へ。」 | Main | 正月の新聞 9「鳩山政権のドジはゆるせ」 »