« 国連の温暖化報告はインチキだった | Main | 役に立たない解法の答えです »

02/18/2010

号外!

水谷さんに教えられ、号外を発行することに。

2

驚いたのは記事の内容! ウーム、すごい。

<感動 絶好調! 喜びの表彰台>

あわや騒動 深夜の病院

最下位からの逆転劇に、日本列島は感動の渦に包まれた。オリンピック前は全く注目されていなかったNだが、その悔しさをバネにした。

「とにかく気合で死ぬほど努力するしかない」三日三晩ぶっ続けで練習して、病院に担ぎ込まれたこともある。しかし診断結果は睡眠不足。大事をとって入院したところ、夜中に寝ぼけてランニングを始めて、幽霊が出たと病院中が大騒ぎになった。真面目さが引き起こした珍騒動というべきか。

競技歴の浅いNを見るライバルの視線には複雑なものがあった。「オリンピックはそんなに甘くない」。しかし、人当たりの良さに定評のあるNが本領発揮。飲料水を片手にライバル陣営に乗り込み、「レッツ・ノミニケーション?」としゃれ込んだ。意表をついた行動に、ライバルともあっさり友達になり、「Nとは共に健闘したい」と周りの味方も一変した。Nには言葉の壁は通用しないようだ。恐るべし人間性である。

|

« 国連の温暖化報告はインチキだった | Main | 役に立たない解法の答えです »