« 新聞の断末魔 | Main | スタンスの違いで正反対 »

02/17/2010

なんとなく気になる

ここ数日、なんとなく気になっているのが、「聞いて楽しむ日本の名作 朗読CD集16巻セット」の広告。

最初はあほらしい、と思っていたものの、作家や小説の題名を見ると懐かしくもあります。もちろん読んだことのない本も少なからず含まれています。

いまさらこれらの本を手にとって読むことはありえないだろうし、CDを聞くだけで文学の香りをほんのわずかでも味わうことができるなら、それなりに意味があるのかも・・・

それにしても、ユーキャンは商売がうまいと思います。前回は、地図帳を宣伝していましたが、広告に掲載されていたのはびっくりするくらい精密な京都の立体地図。分厚い本を置くスペースがもったいないので買いませんでしたが、それなりに興味をそそる書でした。

|

« 新聞の断末魔 | Main | スタンスの違いで正反対 »