« 古田新太・天海祐希さんの「薔薇とサムライ」 | Main | 東大阪にホワイトハウス »

05/11/2010

飲まず食わずで70年

共同電でこんなニュースが流れていましたが、ほんとう?

インドの聖人(82)は8歳のとき、ヒンズー教の女神に舌を触られて以来、食欲を失い、食物なしで生きられるようになったそうです。

このほどその神秘のなぞを解明しようと、15日間病院に入院し、30人の医師団が24時間体制で観察したところ、この間、一滴の水も飲まず、トイレにも行かなかったとのこと。いろいろな検査もしましたが体の異常もなし。

医師団は「太陽をエネルギー源にしているのでは」と言っているそうですが・・・

このなぞが解明されれば、世界の食料問題も一挙に解決?

 

|

« 古田新太・天海祐希さんの「薔薇とサムライ」 | Main | 東大阪にホワイトハウス »